創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

その他羊羹、棹物

ようかんアイスキャンデー

■柳川にございます椛島氷菓様とのコラボレートで凍らない羊羹をミルクアイスに入れたキャンデー二種(本煉」「紅煉」)とまたいちの塩と小倉餡の「塩あずき」アイスキャンデーができました。
■シャリッと爽やかなアイスキャンデーと羊羹の優しい甘さで今までにない食感と味わいをお楽しみください。
■10本詰 本煉3本、紅煉3本、塩あずき4本
15本詰 本煉5本、紅煉本、塩あずき5本

アイスキャンデーYouTube画像はこちら≫

水羊羹

水羊羹

水羊羹 商品内容

紅煉
本煉
小倉
青えんどう
かぼちゃ

■百年以上に及ぶ羊羹作りによって磨かれた技術・感覚は、この水羊羹にも引き継がれております。
寒天だけでなく、葛も使用することで口溶けの良い水羊羹となっております。
やわらかすぎず、固すぎない絶妙の煉り具合によって引き出される、良質な素材本来の味わいをぜひお楽しみ下さい。
※商品の入れ替えがある場合は価格が変わります。
■北海道産小豆(本煉・小倉)、北海道産白いんげん豆(紅煉)など使用。そのほか青えんどう、かぼちゃがあり、合計5品種。女性に一番人気は、「かぼちゃ」です。
■製造より150日間の日持ちで、贈答品としてもご利用できます。
■水羊羹は普通の羊羹の3分の2のカロリーということと、小分けになっていて便利です。
■製造日から150日間

水羊羹パッケージ
水羊羹パッケージ

水羊羹に活かされる「羊羹作りの技術」

皆さんは水羊羹を食べて、がっかりされたことはないでしょうか?

近年の傾向としまして、「やわらかく煉って素材の味を活かす」という考えで作られている水羊羹が多いようです。この場合は、煉り具合が難しいようで、水っぽいだけのもの、苦いだけのものなど各店苦心されているように思われます。

「やわらかい中にも適度に弾力があり、舌の上でとろけ、素材の味が活きる」という煉り具合は、なかなか難しいようです。

弊店の「水羊羹」の好評は、やはり長年の伝統に培われた職人技である「羊羹作りの技術」に由来するところが大いにあるようです。

羊羹作り
羊羹作り

祇園川

祇園川 商品内容

■寒天を使用した透明感あふれる、涼やかな和風ゼリーは、小城本店前のほたるが飛び交う清流「祇園川」をイメージしております。
■素材を生かしたほど良い甘さは、夏の人気商品です。
■さっぱりとしたお味の「グリーンレモン」や「ざくろ」、ココナッツミルクの風味が楽しめる「タピオカ」など夏らしいおいしさをお楽しみいただければ幸いです。
■販売期間・・・5月~8月
■賞味期間
梅・青梅・グリーンレモン・ざくろ・タピオカ・・・製造日から180日間
ほたる・・・製造日から90日間
鯉・・・製造日から45日間

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。