創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより6月号129号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
2012年6月号 No.129
毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に村岡総本舗の考えを
理解していただければ幸いです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 日本一高い「東京スカイツリー」が開業となり、東京とりわけ隅田川界隈はいっ
そう賑やかな状況となってきています。
 「夜の隅田川は羊羹のように流れる」と描写したのは金沢生れの詩人小説家の室
生犀星(むろうさいせい)でありました。
 北原白秋や萩原朔太郎らと交流し抒情詩人として知られた室生犀星は羊羹が爆発
的に広まった大正期という時代と金沢出身の地の利から、羊羹に最も近いところに
存在したため、このような名文が生まれたといえるでしょう。
 小説「草枕」に羊羹を登場させた夏目漱石はさらに高いレベルの表現で多くの読
者をうならせました。青磁の皿に盛られた羊羹をほめちぎり、西洋菓子のクリーム
やジェリと比較し絶賛しています。草枕が成立した明治末期は全国各地にようやく
煉羊羹が普及し始めた頃でありました。そして洋菓子も登場し始め、英国帰りの漱
石は羊羹と洋菓子の比較もしっかりと記しています。
 谷崎潤一郎の随筆「陰影礼讃」に登場する羊羹も漱石以上に絶賛されていて当時
の文学者にとって羊羹のおいしさは格別であったことがうかがえます。三人の文豪
に加え、多くの文学者が羊羹を愛好し、名文を残してきました。
 文学の中の羊羹と実際に食する羊羹を比べながら味わうことも一興でありましょ
う。
 いよいよ開業の東京スカイツリーからの隅田川は果して羊羹のように流れている
でしょうか。
===================================
目次
・特集「麦の菓子」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「菓子文化セミナー『シュガーロード講座』」のご案内
・「羊羹のおいしさ」講座のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケートにつきまして
===================================
★ 特集「麦の菓子」

 麦秋の季節は、黄金色の麦の穂が風にふかれて波のようなリズムのある動きを見
せてくれます。昭和50年の村岡総本舗カレンダーの5月6月の部にこの麦の穂を
描いたのが佐賀県鹿島市の染色家鈴田照次でありました。
 本年4月テレビ番組「徹子の部屋」に出演した人間国宝の染色家鈴田滋人の父親
で、芸術選奨文部大臣賞を受賞した九州工芸界の中心的人物でありました。
 昭和49年7月佐賀市中牟田画廊における初の個展をみて感銘を受けた村岡総本
舗村岡安廣社長が依頼した村岡総本舗オリジナルカレンダーの原画の第一作目であ
り、佐賀県域のさまざまな風景を描いた作品のひとつであったのです。
 空の青を背景として麦秋の時季の麦の大きなエネルギーが迫ってくる画面の刺激
により村岡総本舗は麦を原料としたさまざまな菓子を生みだし改良してきました。
 昭和45年発売の丸ぼうろ、どら焼きをはじめとしてカステラ、大納言、あげま
きサブレ、鳳梨萬頭(おんらいまんと)、そして麦そのものを菓名とした「麦と
栗」は麦と栗の味わいのハーモニーをひき出し、餅の力を加えて3種の原料の豊か
な味の融合が光っています。
 わが国有数の小麦の産地である肥前佐賀を背景としてつくられる麦菓子の名品を
お楽しみ下さい。
===================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

 弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が佐賀新聞より発売されております。
長崎街道は菓子の技術が伝わった道として、「シュガーロード」とも呼ばれてい
ます。著者は研究のため、年月をかけて佐賀、日本はもちろん、ポルトガル、ス
ペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数をご
記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊580円、冊数により違ってきます。)

info@muraoka-sohonpo.co.jp
===================================
★ 「菓子文化セミナー『シュガーロード講座』」のご案内

  1.開催地 村岡総本舗 福岡店
         福岡市中央区浄水通り4-18 TEL 092-526-0757
           西鉄「教会前バス停(中央区)」付近
  2.内 容 シュガーロードと称される長崎街道とシュガーアイランド九州を
        中心とした伝統菓子を探るセミナー
  3.講 師 村岡総本舗 社長 村岡安廣
  4.開催日  平成24年4月より毎月1回14時~15時30分予定
          (変更の場合もあります)
         (1)平成24年6月 9日(土)
         (2)  同  7月14日(土)
         (3)  同  8月18日(土)
         (4)  同  9月 8日(土)
         (5)  同 10月13日(土)
         (6)  同 11月17日(土)
         (7)  同 12月 8日(土)
         (8)平成25年1月12日(土)
         (9)  同  2月 9日(土)
        (10)  同  3月 9日(土)
  5.参加料 各回1000円(資料代)
  6.お申し込み方法
        電 話  0120‐358‐057(無料)
             0952-31-2131

        メール  info@muraoka-sohonpo.co.jp
===================================
★「羊羹のおいしさ」講座のご案内

 数種類の羊羹を実際にご試食していただきながら、佐賀が羊羹購入額日本一の
 理由や、材料などについて学べるセミナーです。

 ●佐賀総本店
 講    師 :村岡総本舗 副社長 村岡由隆
 開 催 日 時 :6月17日(日) 7月8日(日) 8月19日(日)
 開 始 時 刻 :午前10時
 定    員 :20名
 参 加 費 用 :無 料
 所 要 時 間 :60分
 場    所 :佐賀総本店 佐賀市高木瀬町東高木221-1
              0952-31-2106

※なるべく早目のご予約をお願い致します。
 予約電話番号:0952‐31‐2131
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「小城に初めて伺い、美しい町がさびれていることにショックを受けました。
 その中で村岡総本舗さんが奮闘されているのが見て取れ、益々今後も応援
 して行きたいと思いました。日本の文化の為にも、御活躍に期待していま
 す。」 (福岡市・淡田様)

「試食の多さにおどろきました。『唐いも』というお菓子を試食しましたが、
 本物のいものような味がしてとてもおいしかったです。」
  (佐賀市・女性)
===================================
★今月の菓子

●「祇園川」(ぎおんがわ)(季節の棹物)
 小城源氏ボタル発祥の地として知られる祇園川。大徳寺納豆をホタルに見た
て配した琥珀羹です。
・定価1365円 (通信販売可) ・賞味期限 14日間
・販売期間 6月
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/category/006_giongawa.html)

●「茶神物語・夏」
  夏の暑い中で飲む熱いお茶や冷たい麦茶に合う、ひんやりとしておいしい
「祇園川」と「水ようかん」の組み合わせをご用意致しました。
「茶神物語」(背振の翁物語)とは、「雨月物語」で知られる上田秋成が書い
た佐賀県背振山を舞台とした幻想的的なお話です。
 
これらの詰め合わせに限り、茶神物語(梅)2,627円では1個サービスの9個詰、
茶神物語(松)4,758円では2個サービスの16個詰とさせていただいきます。
そのかわり水ようかんを全部小倉にするなどの詰め替えのサービスはお受け
できませんのであらかじめご了承下さい。
・定価 2,627円、4,758円(税込み)(通信販売可)
・賞味期限「祇園川」は45日~150日間、水ようかんは90日間
・販売期間 5月~8月
  (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/chashin.html)
 
● あじさい (上生菓子)
梅雨どき、人の心を和ませてくれるあじさい。青と白のきんとんで小豆あん
と包み、雨粒に見たてた錦玉をのせて表現しました。  
・定価231円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 6月

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
mail info@muraoka-sohonpo.co.jp
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・テレビ岩手の4月23日放送番組「5きげんテレビ」で、現地の桜の季節に合
 わせ『櫻羊羹』が紹介されました。
====================================
★直営店での催し物の御案内
 
6月 2日(土) 小城本店蛍茶屋(午前8時~午後8時)
 ・1050円以上のお買上げのお客様に「小型小城羊羹(2本)」を無料進呈
 ・寒天涼果「祇園川」のご試食と抹茶の無料サービス
 ・初めての方のための簡単な抹茶のたて方と飲み方の無料講座
   (午前11時・午後2時)
 ・特製切り羊羹実演販売(午前10時・午後3時)

6月 9日(土)10日(日) 鳥栖店15周年祭(午前8時~午後8時)
 ・店内商品1,050円以上お買い上げのお客様に金券と寒天ゼリー「祇園川」1個
  無料進呈
 ・自家製あんを使った「氷あずき」の無料サービス(6月 9日のみ)
 ・弊店一番人気の「小城羊羹・特製切り羊羹」の御試食と抹茶の無料サービス
                        (6月10日のみ)
 ・特製切り羊羹実演販売(午前10時・午後3時)

6月16日(土) 唐津中央店(町田)感謝祭(午前8時~午後8時)
 ・店内商品1,050円以上お買い上げのお客様に金券と寒天ゼリー「祇園川」1個
  無料進呈
 ・弊店一番人気の「小城羊羹・特製切り羊羹」の御試食と抹茶の無料サービス
 ・初めての方のための簡単な抹茶の飲み方・たて方の無料講座
  (午前11時・午後2時)
 ・特製切り羊羹実演販売(午前10時・午後3時)

6月23日(土)24日(日) 佐賀総本店夏の感謝祭
 ・案内ハガキをお持ちの方に小さくても本格的で賞味期間も長い「小型小城羊羹
  (2本入り)」を無料進呈
 ・水羊羹ご試食と抹茶の無料サービス
 ・店内商品1,050円以上お買い上げのお客様に金券進呈
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 心・愛・和」
をお持ちする予定です。

・5月30日~6月 5日 名古屋高島屋(TEL 052-566-8560)
・6月 6日~6月12日 長崎浜屋  (TEL 095-824-3221)
・6月10日~6月18日 博多座
・6月13日~6月17日 西鉄タミー (TEL 0942-34-3421)
・6月14日~6月19日 長崎玉屋  (TEL 095-824-2121)
・6月14日~6月26日 岡島百貨店 (TEL 055-232-2111)
====================================
★とらやき宗歓アンケートにつきまして

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきと5月31日までにホームページでお買い上げになられ、アンケー
トに答えられた方を対象に「とらやき宗歓」(1113円相当分)を10名様にプレゼ
ントさせていただいております。

個人情報保護の観点より、今月より発送をもって当選にかえさせていただきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも5月は約12200名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/mailmagazine.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をご利用の皆様へ

第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋で「小城羊羹(2本入1575円・3本入
2310円)・小型小城羊羹(5本入672円・8本入1050円・12本入1575円)」(税込み
価格)がお買い求めになれます。

販売店は下記を御参照ください

福岡空港第2ターミナル
(http://shop.fuk-ab.co.jp/store/shop/details/shop_detail59.html)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
本店・羊羹資料館 佐賀県小城市小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@muraoka-sohonpo.co.jp
※当メールマガジンに掲載された記事を使用される場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@muraoka-sohonpo.co.jp
までお送り頂くか、ホームページ(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp)にて解
約して頂きますようお願い致します。