創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより4月号103号

アイキャッチ画像 メールマガジン

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
 2010年4月号 No.103

毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に村岡総本舗の考えを
理解していただければ幸いです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 [夏も近づく八十八夜」。今年は5月2日となりますが、この茶の季節に先
がけて茶の話しをいたします。
 茶の起源は中国といわれ、日本にも多大の影響が及んでいます。
「日常茶飯事」なることばはそのことを示しており、肥前地方においても中国、
朝鮮半島に近いことから多くの歴史が刻まれてきました。
羊羹のふるさと小城においては近世鍋島藩により有楽流茶道が伝えられました。
この伝統は、小城公園の岡の上の茶筅塚にあらわれています。大正九(192
0)年国立九十七銀行頭取であった西正豊は、社中と協力して有楽流茶道興隆
を志し茶筅塚を建立しました。茶筅の形をした石塚の脇の方形の石碑には社中
の一人であった小城羊羹の名付親村岡安吉の妹、村岡マスの名も刻まれていま
す。その後茶筅塚が老朽化したため、昭和六十二年小城羊羹協同組合青年部に
よって石柱の案内板が制作されました。日本語、英語の二か国語による有田焼
の案内板により国内でも珍しいとされる茶筅形の石塚が再び脚光を浴びたので
す。偶然小城公園が古代の前方後円墳であることが、調査によりこの時期判明
したため、この岡は茶筅塚古墳と命名され、茶筅塚の存在はさらに明らかなも
のとなりました。
 小城の羊羹の歴史の中でも、蛭子町の森永家は明治時代中期に茶羊羹を品評
会に出品し高い評価を受けました。茶が健康飲料であるとの認識の高まりから、
羊羹に限らず洋菓子にも茶が原材料として用いられ世界中に広まってきていま
す。
 村岡総本舗では茶の季節の特別の品として、特製切羊羹挽茶を製造していま
す。伝統の煉羊羹である特製切羊羹は角寒天の秀れた舌ざわり、歯ざわり、砂
糖のすっきりとした甘味が特長であり、加えてこの豊かな自然の恵みをもたら
す挽茶の味わいは、この季節の口福(こうふく)でありましょう。この新緑の
季節に特製切り羊羹挽茶の豊かな味わいをお楽しみ下さい。 
===================================
目次
・特集「季節の棹物 北浦」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「菓子文化セミナー」のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート3月の当選者発表
===================================
★ 特集「季節の棹物 北浦」

 羊羹のふるさと小城は中世千葉氏の城下町として京都を模して町がつくられ、
「九州の小京都」といわれています。千葉氏の館は町の北部、北浦にありその地
に北極星信仰の妙見神社が残されています。
 李子朝鮮の外交の手引き書といわれた海東諸国紀には十五世紀の千葉氏のこと
が書かれ、当時千葉氏と李子朝鮮は毎年船を一艘ずつ交換していたことが記録さ
れています。この中に中国の天目茶碗など当時の第一級の文物があり、今もその
資料が残されています。十五世紀の千葉氏は隆盛を極め京都の能楽師を招いて百
間の舞台で興行を行ないました。この千葉氏の盛時を偲び菓子に表わした「北浦」
は薯蕷製の棹物です。山芋、松の実を用いて軽羹にも似た風合いの菓子となって
います。
 軽羹は今では鹿児島の銘菓となっていますが、江戸期弥次喜多道中で知られる
十返舎一九の著作の中には「たまご入らずカステラ」として焼軽羹が紹介されて
おり、全国に普及していたと推察されます。薩摩焼の陶磁器が朝鮮の陶工により
つくられたと同様に、朝鮮伝来であろうとされています。
 現代においてもテレビ番組「チャングムの誓い」においては様々な李氏朝鮮の
宮廷料理が登場しました。この監修者であるハン・ボクリョウ先生の講習のひと
つに、この薯蕷羹・軽羹づくりがあり、朝鮮宮廷料理のひとつとされています。
ハン・ボクリョウ先生の母、ファン・ヘソン先生は宮廷料理の保存のために一身
を捧げ、自ら宮廷料理人間国宝第一号となり、多大の功績を残されました。現代
の韓国においてもこれらの食文化が再評価され、様々な機会を通して国を代表す
る生活文化として紹介されています。
 中世における九州の雄であった小城の千葉氏に由来する季節の棹物「北浦」は
このような背景をもちながら、その趣きを今に伝えています。
====================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

 弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が佐賀新聞より発売されております。
長崎街道は菓子の技術が伝わった道として、「シュガーロード」とも呼ばれてい
ます。著者は研究のため、年月をかけて佐賀、日本はもちろん、ポルトガル、ス
ペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数を
ご記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊210円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com
===================================
★「菓子文化セミナー」のご案内

 ・開催日 4月10日(土)14時 「茶の菓子」
 ・場所  村岡総本舗 佐賀総本店 二階会議室
      〒849-0916 佐賀市高木瀬町東高木 
 ・会費  千円
 ・今回は申込多数により受付は締め切らせていただいております。

 ●次回の開催日 5月8日(土)
(※予定は変更になる場合がございますのでご確認の程宜しくお願い申し上げます)
 
 申込方法 
   電話、FAX、メールにて承っております。
    mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-358-057
    TEL    0952-31-2131
FAX  0952-32-1297

 FAX、メールの場合、御住所、御名前、連絡先をご記入の上お申込下さい。
 定員30名になり次第締切させていただきます。
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
              
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「先日出張で佐賀へ行き、始めてとら焼を買いました。そのおいしさにびっくり!
 熊本にもおいしいものはたくさんありますけどしっとりとしたまろやかさにとっ
 ても感激しました。またぜひ佐賀に行ったら買います。」
  (熊本県・女性)

「昨年佐賀から大阪へ転居し、いつも食べていたとら焼が食べられなくなりさみし
 いです。お正月、帰省した時、こちらの友達に買って帰ったらとても好評でした。
 今度こちらで物産展があるとのことなので足を運んでみようと思います。」
  (大阪府・女性)
===================================
★今月の菓子

●「北浦」(季節の棹物・松の実入り薯蕷羹)           
しっとり、ふんわりした薯蕷(山芋)の食感と松の実が調和した味わい深い菓子
です。かるかんよりもしっとりとしているのが特長です。
・定価1365円 (通信販売可) ・賞味期限 10日間
・販売期間 4月
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/category/004_kitaura.html)

●「特製切り羊羹・挽茶」
貴重な豆である白小豆、大手亡豆と挽茶をあわせた上品な味わいの切り羊羹で
す。表面のシャリ感と中のやわらかい舌触りをお楽しみ下さい。人気もあり、
問い合わせも多い羊羹です。
・定価735円(通信販売可)・賞味期限18日間
・販売期間 9月までの限定販売
(ホームページ上では掲載されていませんが、通信販売もできますのでメール等
でお問い合わせください)
 
●「櫻羊羹」
羊羹のふるさと小城は桜の名所。白小豆を使用した繊細で上品な味わいは、菓子
愛好家の方々からも高く評価されています。
・定価1365円 (通信販売可) ・賞味期限 15日間
・販売期間 通年
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/sakura_yokan.html)

●「おぎおんさん」
江戸時代には肥前第一の神社であった祇園社(須賀神社)は「おぎおんさん」の
呼び名で親しまれており、同様に馴染み深い小城公園の桜をイメージし、創製し
た羊羹です。
 ・定価 5個入 630円 10個入 1050円(通信販売可)・賞味期限90日間
 ・販売期間1月~7月 
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/ogionsan.html)

●「小城の朔(ついたち)羊羹」
年に6回のみ製造する和三盆糖、備中産赤大豆を使用し最高級本練羊羹です。
「家族で食べて、すぐに無くなってしまいました。販売が待ち遠しい」という
ご意見も頂くなど、あっさりしたなかにも深い味わいが楽しめます。
 ・価格 10500円(通信販売可)・賞味期間(4月) 18日間
 ・販売期間4、7、8、12、1、3月の1日のみ
  ※ただし、十五箱以上のご注文はご相談下されば、製造致します。
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/tsuitachi.html)

●よもぎ餅(季節の朝生)
よもぎの苦みとあんこの甘味が口の中で溶け合う、少し大人の味わいのお菓
子です。よもぎは血液をさらさらにする効果があり、栄養分も豊富です。
・定価126円 (通信販売不可) ・賞味期限 2日間
・販売期間 4月

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
 FAX 0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・TVQ株式会社九州放送「きらり九州 めぐり逢い」で俳優の原田大二郎さんが
 村岡総本舗を訪れ、村岡由隆取締役企画室長が村岡総本舗と小城羊羹について説
 明しました。

・NHK佐賀放送局「佐賀発ラジオ深夜便」の2月26日放送のインタビューのコ
 ーナーに村岡安廣社長が出演しました。シュガーロードの魅力についてお話され
 ました。
====================================
★直営店での催し物の御案内

●4月 2日(金) 唐津店44周年祭(午前9時~午後7時30分)
・小豆の風味豊かな「自家製ぜんざい」の無料サービス
・1,050円以上お買上げのお客様に小型小城羊羹2本無料進呈
・唐津にちなんだ菓子「蒸しどら焼からんぐ」のご試食

●4月24日(土) 小城駅前店59周年祭(午前9時~午後6時)
・桜の花びらを形どった羊羹(おぎおんさん)のご試食と抹茶の無料サービス
・ご案内のはがきをお持ちの方に小型小城羊羹2本無料進呈
・特製切り羊羹実演販売(午前10時・午後3時)

●とら焼宗歓4個付けキャンペーン日程
4月18日(日) 佐賀総本店(午前8時~午後8時)
         佐賀空港店(午前6時~午後6時30分)
・店内商品1,050円以上お買い上げのお客様に『とら焼宗歓』四個無料進呈
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 心・愛・和」
をお持ちする予定です。

・4月 7日~4月12日 日本橋三越 (TEL 03-3241-3311)
・4月 7日~4月13日 新宿高島屋 (TEL 03-5361-1111)
・4月 7日~4月13日 遠鉄百貨店 (TEL 053-457-0001)
・4月 7日~4月13日 名鉄百貨店 (TEL 052-585-1111)
・4月 8日~4月14日 東急吉祥寺 (TEL 0422-21-5111)
・4月14日~4月19日 高崎高島屋 (TEL 027-327-1111)
・4月14日~4月20日 阪急梅田  (TEL 06-6361-1381)
・4月14日~4月20日 銀座松屋  (TEL 03-3567-1211)
・4月15日~4月20日 名古屋高島屋(TEL 052-566-8560)
・4月15日~4月20日 新潟伊勢丹 (TEL 025-242-1111)
・4月21日~4月26日 日本橋高島屋(TEL 03-3211-4111)
・4月21日~4月27日 川西阪急  (TEL 072-757-1231)
・4月29日~5月 5日 京阪守口店  (TEL 06-6994-1313)
・4月29日~5月 9日 大分トキハ  (TEL 0975-38-1111)
=====================================
★とらやき宗歓アンケート3月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。今回もホームページでお買い上げになられ、
アンケートに答えられた方も対象とさせていただきました。「とらやき宗歓」
(1113円相当分)を10名様にプレゼントさせていただきます。
おめでとうございます。

西村郁子様 (佐賀市) 中村のり子様(鹿児島市)
竹内民子様 (北九州市)鈴木美幸様 (久留米市)
宮内由喜子様(豊田市) 西澤美佐代様(大村市)
渕上健兒様 (久留米市)中尾弘道様 (佐賀市)
吉田かおり様(柏原市) 吉田佳央様 (天草市)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも4月は約12430名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/mailmagazine.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をご利用の皆様へ

博多大丸エアポートショップで「特製羊羹(1本 1260円)」(価格税込みです)が
お買い求めになれます。
第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋で「小城羊羹(2本入1575円・3本入
2310円)・小型小城羊羹(5本入672円・8本入1050円・12本入1575円)」(税込み
価格)がお買い求めになれます。

販売店は下記を御参照ください

博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)

福岡空港第2ターミナル
(http://shop.fuk-ab.co.jp/store/shop/details/shop_detail59.html)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
本店・羊羹資料館 佐賀県小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用される場合は、メールにて一言
お申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp)にて解約
して頂きますようお願い致します。