創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより1月号16号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
 2003年1月1日 第16号
このメールマガジンでは、今月のおすすめの羊羹、和菓子について詳しくお伝え  
いたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
あけましておめでとうございます。
「村岡総本舗だより」編集長の村岡です。

緊急特別号でも書かせていただきましたが、12月19日の「笑っていいとも!」の
「体験せずにはいられない」のコーナーで村岡総本舗の「小城櫻」が紹介され、
また、今年の干支は羊羹の元になったといわれる「羊」ですのでこれまで以上に
皆様に羊羹のおいしさや奥の深さ、羊羹を囲んでの楽しいひとときをご提供でき
ればと思っております。

 今回も「村岡総本舗だより」の読者の特典といたしまして、「村岡総本舗だより」
の一枚目をプリントアウトして直売店にもって来ていただいた方に、100円前後の商
品を1個プレゼントします。「村岡総本舗だよりを持ってきました」と販売員に言っ
てくだされば結構です。期限は1月1日~31日です。ささやかなプレゼントですが、
ぜひご活用ください。種類はこちらのほうで決めさせていただきますので、あらかじ
めご了承ください。

本年もよろしくお願い申し上げます。
====================================
目次
・特集「笑っていいとも!」に「小城櫻」が放送されるまで
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「特製切り羊羹」実演販売
・「とらやき宗歓」アンケート12月の当選者発表
====================================
★ 特集「笑っていいとも!」に「小城櫻」が放送されるまで

今回放送された件に関して、「事前に教えてくれれば見れたのに残念です」とい
うご意見をいただいたのですが、お教えできなかった理由が2つほどありました。
一つは二度ほど紹介されそうになってボツになったので、正式に分かるまではお
教えできなかったこと。もう一つは、私たちにも放送される日の朝の10時になっ
て正式に教えられたことです。
12月の初旬に一度「笑っていいとも!」のスタッフの方から「次の土曜日の会議
で採用するかどうか決めるので、資料と羊羹を送ってください」という要請を受け、
会議のある土曜日までは何度か連絡をいただきました。しかし、その後はぱったり
途絶え、なかばあきらめつつ木曜日の放送を録画していたところやはりだめでした。
 
また、小城町出身の個性派俳優の荒川良々さんが12月3日の「テレフォンショ
ッキング」のコーナーに出演され、その前日に良々さんのお父様から羊羹を「笑っ
ていいとも」に送ってほしいという注文を受けていましたので、少しだけでも映る
かと思っていましたが、楽屋で配られたのか、映りませんでした。その代わり、出
身地の話になったとき、タモリさんに「小城羊羹で有名だよね」といっていただけ
たのはありがたいと思いました。
 二度も続けて紹介されそこなったので、もうないだろうとあきらめていたところ
に、
 またスタッフの方から連絡があり、3日後のいいともで使うかもしれないというこ
 とで、準備をさせていただきました。前回よりもかなり放送に近づいたとは思うの
 ですが、今回も確実ではなかったので、お教えできなかったしだいです。
  
 放送のほうでは、「九州方面の人はもちろんご存知でしょうが」「福岡のほうで
は、
村岡、村岡、有名です。」「村岡の小城羊羹」とタモリさんに言っていただき本当に
ありがたいと思っております。
 「ちょっとどいたんさい」と、博多弁が出るなど、タモリさんにも懐かしんでいた
だけたことと思います。
 
 タモリさんの母校の筑紫丘高校の教頭で数学の教師だった井手利郎先生は、私
の祖父のいとこですのでタモリさんには何か親しみを感じていましたので、本当に
うれしい思いでした。

 また、「コシのないうどんもおいしい」という話など、食べ物に関する話でも面白
いタモリさんが村岡総本舗の羊羹を昔からご存知だということを確認できありがたく
存じます。

 「小城櫻」のほうは今回、値段の高い羊羹として紹介されましたが、40等分すれ
ばひときれ500円、32等分しても600円強で、有名なお店のケーキひときれの
値段や、京都の上生菓子の一番高い値段と比べればそこまで高い値段ではありませ
ん。
大勢の方で集まる機会があればぜひお試しください。
 また、同じように白小豆のみを使ったものは「丹波白小豆製羊羹」「極上羊羹・
和」
「櫻羊羹」があり、砂糖のシャリ感があり「小城櫻」に一番近いものは「櫻羊羹」で
すので、こちらのほうもお試しください。

●「小城櫻」
定価二万円 (通信販売可・要予約) ・賞味期限 11月~3月は20日間
・販売期間 通年
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2003010101)

●「櫻羊羹」
 定価千円 (通信販売可) ・賞味期限15日間
・販売期間 通年
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2003010102)
====================================
★「お客様の広場」

 今回は笑っていいともに関して送られたご意見の中から許可をいただけたもの
 をご紹介いたします。
 ありがたいご意見が多く、本当に感謝しております。
ご協力ありがとうございました。

●「値段を見たときもしかして村岡さんの?と思いました。
知っているところが放送されると何かうれしいですね。」(大阪府・女性)

●「「笑っていいとも」でのご紹介、おめでとうございます。一ファンとしても
嬉しく思います。
今年も残りわずかとなりましたが、これから見ておいしい・いただいて尚おいしい
お菓子を世に出していっていただきたいです。
貴社のご発展をお祈り申し上げます。」(urerinko様)

●「毎日、笑っていいともを見ています。今日も主人とTVを見ていました。
ようかんが出たときひょっとしてとおもっていたら、あーやっぱりと
いう感じで・・・見た目村岡総本舗のようかんに似てるなあーと
思ったんです。そしたら、やっぱりという感じで見てました。
うれしかったです。佐賀にそういうお菓子屋さんが有るという事が
全国の皆さんに知ってもらってよかったです。これから、忙しくなると
いいですね。」(佐賀県・佐野様)
====================================
★今月の菓子
今月は、お正月らしい菓子がいっぱいです。

●市の川(季節の棹物)
お問い合わせが多い商品です。お正月らしく餅を大納言小豆で包んでおり、食
感も良く好評です。天山の北側に位置する市の川は小城を京都にたとえるなら丹波
にあたるところで、小豆、いんげん豆の産地です。
・定価1200円 (通信販売不可) ・賞味期限 7日間
・販売期間 1月

●とら焼き宗歓
国産の白いんげん豆のやさしい味わいの紅餡と、外側の皮のしっとり感が好評で
す。
白いんげん豆も国産のものと外国産のものでは風味が違います。白いんげん豆の
本来の味をぜひお試しください。
・定価100円 (通信販売可) ・賞味期限 12日間
・販売期間 通年
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2003010103)

●ぜんざい缶
大納言小豆で丁寧に炊き上げた小倉あん。正月の餅とあわせてぜんざい、そ
の他色々のご利用をいただけます。
・定価200円(通信販売可) ・賞味期限 90日間
・販売期間 12月、1月

●青えんどう塩豆大福(季節の朝生)
求肥状に煉り上げた餅生地に青えんどう塩豆を煉り込み、中には小倉あんを
包み込んでソフトに仕上げました。
・定価100円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 1月

●えくぼ(初笑い)(上生菓子)
薯蕷まんじゅうで中あんは小豆のこしあんを包み、中央に紅を付け、笑った
時のえくぼを表しました。正月には「初笑い」と菓名をつけることもありま
す。
・定価180円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 1月

商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。
ホームページ http://www.so-honpo.com
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX 0952-32-1297
====================================
★直営店での催し物の御案内

1月1日 新春福茶「小城本店・羊羹資料館」(昼12時より夕方5時まで)
初売り(博多店、佐賀デイトス店をのぞく直営店全店)
1月19日 佐賀空港店感謝祭
1月25日 多久店感謝祭
● 本店新春福茶では、無料で「葩餅」(はなびらもち)とお抹茶のサービスを
させていただきます。
●「初売り」では1000円以上お買い上げのお客様に300円相当の当店でのみ使用
可能なお年玉金券を進呈いたします。
●佐賀空港店感謝祭では次のようなサービスを予定しております。
・ご案内の封筒御持参の方、または、その場で御記名の方に記念品の進呈
・季節の棹物「市の川」、生菓子「青えんどう塩豆大福」販売
・店内商品1000円以上お買い上げのお客様に金券(300円)進呈
・ 貴重な豆である白小豆のみを使った極上羊羹「和」(紅煉)のご試食と抹茶
 の無料サービス
● 多久店の感謝祭では次のようなサービスを予定しております。
・ ご案内の封筒御持参の方、または、その場で御記名の方に記念品の進呈
・ 季節の棹物「市の川」、生菓子「青えんどう塩豆大福」販売
・ 「自家製ぜんざい」の無料サービス

===================================
★各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」をお持ちする予定です。
・ 1月 8日~1月13日  立川高島屋(味百選)
・ 1月15日~1月20日  新宿高島屋(大九州展)
・ 1月16日~1月21日  東武宇都宮(日本の味)
・ 1月22日~1月27日  柏高島屋 (味百選)
・ 1月30日~2月 5日  東急吉祥寺(九州物産展)
====================================
★とらやき宗歓アンケート12月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。今回も11月30日までにホームページでお買い
上げになられ、アンケートに答えられた方も対象とさせていただきました。
10名様に「とらやき宗歓」(500円相当分)をプレゼントをするとはがきには書いて
いるの
ですが、引き続き15名の方に600円相当分を送らせていただきます。
おめでとうございます。

井野本奈津子様(唐津市)  戸渡昌子様 (伊万里市)
今西幸蔵様  (大阪府)  袴田晃央様 (長崎市)   
内田香織様  (佐賀市)  原浩男様  (長崎県) 
神毛一郎様  (福岡市)  東谷慈子様 (大阪府)
佐久間公枝様 (船橋市)  福田敦子様 (杵島郡)             
鈴木博之様  (神奈川県) 山口紀子様 (唐津市)  
中馬加代子様 (鹿児島市) 渡辺悦子様 (神奈川県)
時勝彦様   (横浜市)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
編集・構成:村岡総本舗企画室長 村岡由隆
提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.so-honpo.com
本店・羊羹資料館 佐賀県小城町861 
        TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店      佐賀市高木瀬町東高木
      TEL 0952-31-2131(代)
      0120-35-8057
      FAX 0952-32-1297
※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
info@so-honpo.com
※ 当メールマガジンに掲載された記事を使用なさる場合は、メールにて一言
 お申し付けください。
※ 本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.so-honpo.com)にて解約して
頂きますようお願い致します。