創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより8月号155号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより(パソコンEメール版)◆
   2014年8月号 No.155
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  葉月8月梅雨もあけて暑い盛夏を迎えました。

  佐賀市佐賀県立博物館では7月18日より9月7日まで月曜を除き9時30分より1
8時まで生誕150年記念森永太一郎展が開催されています。

  7月17日に行なわれた開会式では古川康佐賀県知事に続き森永太一郎の孫である森
永剛太森永製菓会長が挨拶をされました。

  佐賀県伊万里市の陶磁器商の家に生れた森永太一郎は、生業の復興を目ざしアメリカ
へ渡ったものの菓子業へ転向し帰国の後に大成功を収めます。森永太一郎の志、すなわ
ち森永スピリッツの元となったキリストの教えや伯父山崎平左衛門の指導を大切に考え、
森永エンゼル財団を創設し、活動していることを森永会長は伝えられました。

  明治時代から昭和の初めにかけて、近代を西洋菓子の形で具現化した森永太一郎は商
品そのものに留まらず、包装形態の工夫、包装デザインの高度化や高質化、広告の斬新
さ等により大いなる好評を博しました。

  日本郵便が発行した20世紀切手の中には、ミルクキャラメルの発売が黄色いキャラ
メルボックスとともに描かれています。同じ佐賀県出身のグリコの江崎利一が森永の真
似とされないために赤いグリコのキャラメルボックスを作ったほどに、このミルクキャ
ラメルの黄色の力は他を圧倒しておりました。

  エンゼルマークのエンゼルを具像化した絵画を森永製菓に残し、後にはその絵画がポ
スターに使用された画家の和田三造は、約1年の森永製菓勤務の後フランスに留学し、
最初の日展の最高賞の栄誉を得ました。カラーチャートをわが国で初めて作り、東京芸
術大学の前身の美術学校教授であった和田三造は、戦前の郵便切手の傑作とされた乃木
希典や東郷平八郎を図案とした昭和切手の制作に寄与し、戦後の初期のグラビア普通切手、
かもしか図案の8円切手の原画作者でもありました。

今回の展示の中には昭和5年、森永太一郎を訪問した羊羹のふるさと小城の有力者・
野口惟一氏から村岡総本舗に贈られた森永の書「終始一貫」が掲げられています。
  野口惟一氏は小城羊羹中興の祖といわれる村岡安吉と親しかったことから、安吉の没
後、後継者である村岡安夫に励ましとしてこの書が贈られました。

  会期中8月2日には食のフォーラム「和菓子と西洋菓子の出会い」が行なわれ、村岡
安廣村岡総本舗社長がパネリストとして参加します。8月23日にはダンテフォーラム
が行なわれ、稲垣良典九州大学名誉教授をはじめ4名の方々の講演と講話が予定されて
います。

 ワークショップや森永製菓のオリジナルグッズの販売、佐賀県の銘菓の販売も行なわれ、
シュガーロードの風土の中で育くまれた様々な菓子の文化が展開されることとなってお
ります。

 詳しくは佐賀県立博物館にお問い合わせ下さい。
 〒840-0041 佐賀市城内1-15-23  TEL 0952-24-3947
===================================
★「羊羹のおいしさ」講座のご案内

  数種類の羊羹を実際にご試食していただきながら、材料や製法による味の違いや
歴史について学べるセミナーです。
  
  講    師 :村岡総本舗 副社長 村岡由隆
●佐賀総本店
 開 催 日 時 :8月 3日(日) 9月 7日(日)
 開 始 時 刻 :午前10時
  定    員 :32名
  参 加 費 用 :無 料(ただし、要予約)
  所 要 時 間 :60分
  場    所 :佐賀総本店 佐賀市高木瀬町東高木221-1
              0952-31-2106
●福岡地区
     開 催 日 時 :8月28日(木)
     開 始 時 刻 :午前10時 
     定    員 :24名
     参 加 費 用 :無料(ただし、要予約)
     場    所 :福岡商工会議所 会議室305 
            福岡市博多区博多駅前2-9-28

            ご予約とお問い合わせは
0952-31-2131までお願いいたします。

※なるべく早目のご予約と講座に関してのお問い合わせは
  電話番号:0952‐31‐2131にお願いします。
====================================
★直営店での催し物の御案内

●8月23日(土) 多久店13周年祭 (午前8時~午後8時)
  ・水ようかんのご試食と抹茶の無料サービス
  ・お子様や初めての方のための簡単な抹茶の立て方と飲み方の無料講座
     (午前11時・午後2時)
  ・特製切り羊羹実演販売(午前10時・午後3時)

●8月29日(金) 唐津店感謝祭    (午前9時~午後6時)
  ・自家製あんをつかった「氷あずき」の無料サービス
====================================
★ 各地催し物の御案内
「特製切り羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 心・愛・和」
をお持ちする予定です。

 ・8月20日~8月25日 浦和伊勢丹(TEL 048-834-1111)
 ・8月20日~8月26日 長崎浜屋 (TEL 095-824-3221)
 ・8月27日~9月 2日 松戸伊勢丹(TEL 047-364-1111)
 ・8月27日~9月 2日 小田急藤沢(TEL 0466-26-6111)
===================================
★フェイスブックのご案内

5日に1回のペースで季節限定の商品や、各地での催し者のご案内を写真付きで
ご紹介しております。
「Googleにて「村岡総本舗 Facebook」で検索、又は下記をクリックの上、
ご覧頂ければ幸いです。
http://ja-jp.facebook.com/muraokasouhonpo
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★お知らせ 

  店頭配布版の村岡総本舗だよりがPDFでご覧いただけるようになりました。
  写真も入っておりますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をご利用の皆様へ

第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋で「小城羊羹(2本入1620円・
3本入2376円)・小型小城羊羹(5本入694円・8本入1084円・12本入1647円)」
(税込み価格)がお買い求めになれます。
販売店は下記を御参照ください

   福岡空港第2ターミナル
http://shop.fuk-ab.co.jp/store/shop/details/shop_detail59.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
 
 提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp

   本店・羊羹資料館 佐賀県小城市小城町861
  TEL 0952-72-2131(代)
   佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木  
  TEL 0952-31-2131(代)
    0120-35-8057
FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
      info@muraoka-sohonpo.co.jp