創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより3月号126号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
  2012年3月号 No.126
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 弥生3月桃の季節と相成りました。
桃の色の赤は中国では古来魔よけの力があると信じられてきました。桃太郎の話は
その伝承が日本に置きかえられたもので、鬼門の東北は丑、寅の方角にあたり、鬼
は牛と虎の形として現われます。反対の方角である西南の「申酉戌」は桃太郎の家
来「猿、きじ、犬」として登場します。
 菓子の世界でも、桜の名所百選がある羊羹のふるさと小城では明治期より櫻羊羹
が創製され、赤系の春を告げる羊羹が名声を博してきました。
 この紅色のあんを虎皮風の生地で包んだ「とら焼宗歓」はこの3月で発売21年
を迎えます。
 村岡総本舗村岡安廣社長が朝鮮半島にルーツをもつ「お好み焼き(チヂミ)」の
生地とそのおいしさにヒントを得て創製しました。とら焼の中の餡は赤小豆が通常
用いられますが、異なる魔よけの紅色の白いんげん豆に、粒の白いんげん豆のおい
しさの力をを加えて、他に類例のない「とら焼宗歓」ができ上がりました。
 「宗歓」は佐賀市唐人町に祀られる唐人神社の神様である朝鮮からの帰化人「李
宗歓」を顕彰して名づけられました。平成28年に400年祭が予定される磁器発
祥の地の有田に祀られる陶山神社の神様李参平と李宗歓は同時代の人で、李宗歓は
李参平と協力し有田を中心とした肥前磁器の創業期に功績があったといわれます。
同時代の帰化人九山道清もこの地にあってわが国随一とされる「鍋島更紗」を伝え
ました。工芸家鈴田照次、鈴田滋人親子によって復元され、この型絵染技法により
鈴田滋人に人間国宝(重要無形文化財)の称号が与えられました。村岡総本舗の更
紗デザインの包装は昭和51年鈴田照次により復元された鍋島更紗デザインが昭和
53年、二年の試行の後形となったものです。

「とら焼宗歓」のおいしさは独特の皮のしとり感と卵の風味、そして紅色のあんの
上品ですっきりとした甘味と豊かな味わいにあり、「広義のどら焼」の中の傑作と
して多くの方々に愛好されてきました。「桜の開花」を待つ好季節の中で、二十年
以上の年月にわたり改良を重ねてきた「宗歓」の豊かな味わいをお楽しみ下さい。
===================================
目次
・特集「菓子文化セミナー『シュガーロード講座』」
・フェイスブックのご案内
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「羊羹のおいしさ」講座のご案内
・「小城櫻」販売のお知らせ
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・「佐賀城下ひなまつり」販売のご案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート2月の当選者発表
===================================
★ 特集「菓子文化セミナー『シュガーロード講座』」

 東日本大震災から一年を迎えるところとなりました。
改めて被災の皆様にお見舞と哀悼の意を表したいと思います。
 3月は併せて九州新幹線全面開業一周年の月でもあります。九州にとって画期的
なでき事であり、これを契機に九州内の交流がさらに活発化し、シュガーアイラン
ドといわれる九州がすばらしい地域となることを願っています。
 シュガーアイランド九州、シュガーロード長崎街道なることばが様々に用いられ
るところとなり、砂糖文化、菓子文化への関心がいよいよ高まりを見せています。
 雑誌「和楽」2月号の特集記事「しあわせ和菓子」名鑑全45頁の中に10頁に
わたり「第五話九州シュガーロードの旅へ」が紹介されました。和菓子研究家金塚
晴子さんが長崎、諫早、小城、佐賀、福岡、小倉の各地を訪ね、シュガーロードの
名菓をていねいに取り上げられました。「砂糖街道の生き字引、村岡さんの羊羹に
は風格があります」と金塚さんは「村岡総本舗の小城羊羹」を語られています。
 世界一の菓子消費国とされる日本ですが、こうした伝統菓子の由来やおいしさに
光が当りだしたのは最近のことです。
平成8年より刊行された「月刊佐賀文化」に「肥前シュガーロードを行く」のタイ
トルで村岡総本舗村岡安廣社長が寄稿し、「シュガーロード」なることばは大きな
道を歩みはじめました。しかしその中味についての詳しい情報はまだ数少ないとさ
れ平成18年刊行の「肥前の菓子-シュガーロード長崎街道を行く」村岡安廣著、
佐賀新聞社をはじめ僅かに留まっています。
 世界中の菓子文化を受けとめ数百年にわたってつくりあげてきた独特の伝統菓子
すなわち和菓子という文化遺産をさらに理解していただくために、この度村岡総本
舗福岡店においては下記の通り菓子文化セミナーを開催することとなりました。
何卒宜しくお願い致します。

菓子文化セミナー ―シュガーロード講座―ご案内

  1.開催地 村岡総本舗 福岡店
         福岡市中央区浄水通り4-18 TEL 092-526-0757
           西鉄「教会前バス停(中央区)」付近
  2.内 容 シュガーロードと称される長崎街道とシュガーアイランド九州を
        中心とした伝統菓子を探るセミナー
  3.講 師 村岡総本舗 社長 村岡安廣
  4.開催日  平成24年4月より毎月1回14時~15時30分予定
          (変更の場合もあります)
         (1)平成24年4月14日(土)
         (2)  同  5月12日(土)
         (3)  同  6月 9日(土)
         (4)  同  7月 7日(土)
         (5)  同  8月18日(土)
         (6)  同  9月15日(土)
         (7)  同 10月13日(土)
         (8)  同 11月10日(土)
         (9)  同 12月 8日(土)
        (10)平成25年1月19日(土)
        (11)  同  2月16日(土)
        (12)  同  3月16日(土)
  5.参加料 各回1000円(資料代)
  6.お申し込み方法
        電 話  0120‐358‐057(無料)
             0952-31-2131
        メール  info@so-honpo.com
===================================
★フェイスブックのご案内

「村岡総本舗 Facebook」で検索
又は下記をクリックして下さい。

(http://www.facebook.com/pages/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%9D
 %91%E5%B2%A1%E7%B7%8F%E6%9C%AC%E8%88%97/306525802717830) 
====================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

 弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が佐賀新聞より発売されております。
長崎街道は菓子の技術が伝わった道として、「シュガーロード」とも呼ばれてい
ます。著者は研究のため、年月をかけて佐賀、日本はもちろん、ポルトガル、ス
ペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数を
ご記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊580円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com
===================================
★「羊羹のおいしさ」講座のご案内

 「羊羹のおいしさ」について実際に試食していただきながら、豆の違い、寒天
 の違い、砂糖の違いによって味がどう違うのか確かめて頂くセミナーです。

 ●佐賀総本店
 開 催 日 時 :3月11日(日)
 開 始 時 刻 :午前10時
 定    員 :20名
 参 加 費 用 :無 料
 所 要 時 間 :60分
 場    所 :佐賀総本店 佐賀市高木瀬町東高木221-1
              0952-31-2106
●福岡店
 開 催 日 時 :3月20日(火・祝)
 開 始 時 刻 :午前10時 
 定   員 :21名
 参 加 費 用 :無 料
 所 要 時 間 :60分
 場    所 :福岡店 福岡市中央区浄水通り4-18
             092-526-0757

※開催日の2日前までにご予約をお願いいたします。
 予約電話番号:0952‐31‐2131
===================================
★「小城櫻」販売のお知らせ

原料確保が難しく、製造を中止しておりました「小城櫻」の販売を3月1日より
再開させていただきます。
予約商品となっておりますので、ご注文の際はお問い合わせいただきますよう
お願い申し上げます。

(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/ogizakura.html)
====================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「どれも上品な味で、お店の雰囲気も落ち着いて気分良くお買物が出来ました。」
 (唐津市・正木様)
===================================
★今月の菓子

●「岡の花」(季節の棹物)
 “桜の名所百選”の小城公園の「桜岡」をイメージして作られました。羊羹作り
  同様に研究を重ね、やわらかな味わいに仕上げました。
・定価1365円 (通信販売不可) ・賞味期限 7日間 
・販売期間 3月
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/category/003_okanohana.html)

●「櫻羊羹」
  櫻羊羹の名は羊羹のふるさと小城が三百年の昔より桜の名所であったことから
  名付けられました。白小豆のみを使った繊細で上品な味わいは菓子愛好家の方々
  からも支持されています。  
・定価1365円 (通信販売可) ・賞味期限 15日間・販売期間 通年
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/sakura_yokan.html)

●「おぎおんさん・さくらSAKURA」
 桜の花びらの形をしたかわいらしい羊羹です。大変貴重な国産の白小豆や
 大手亡豆を使った本格的な羊羹です。
ハート型にも見えることからホワイトンデーにもご利用頂いております。
 また、パッケージが新しくなりました「さくらSAKURA」もございます。
  ・定価 5個入り 630円 10個入り 1050円(通信販売可) ・賞味期限 90日間
・販売期間 1月~7月
 おぎおんさん
 (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/ogionsan.html)
 さくらSAKURA
 (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/sakura.html)

●「菜の花」(上生菓子)
  春の代表的な風物詩の一つである菜の花をきんとんで表現しました。小豆の粒
  あんと白いんげん豆から作られるきんとんのハーモニーをお楽しみ下さい。 
・定価231円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 3月

●小城の朔羊羹
 年に6回限り生産する和三盆糖、備中産赤大豆を使用し最高品質の本練り羊羹です。
  ・価格 10500円(通信販売可)・賞味期間 20日間
  ・販売期間4、7、8、12、1、3月の1日のみ
※ただし、十五箱以上のご注文いただければ製造が可能ですので、ご相談
ください。
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/tsuitachi.html)

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・園児とママの情報誌「あんふぁん」3月号“おでかけDATA博物館特集”で
 村岡総本舗羊羹資料館が紹介されました。
====================================
★直営店での催し物の御案内

●3月30日(金) 唐津店46周年祭(午前9時~午後7時30分)
 ・小豆の風味豊かな「自家製ぜんざい」の無料サービス
 ・1,050円以上お買上げのお客様に小型小城羊羹2本無料進呈
 ・唐津にちなんだ菓子「蒸しどら焼からんぐ」御試食

●とら焼宗歓四個付キャンペーン日程

・3月 3日(土)  唐津店  (午前9時~午後7時30分)
          唐津中央店(午前8時~午後8時)
・3月10日(土)  福岡店  (午前10時~午後7時)
・3月17日(土)  多久店・白石店(午前8時~午後8時)
・3月25日(日)  本店 (午前8時~午後8時)
          小城中央店(午前8時~午後8時)
          小城駅前店(午前9時~午後6時)

・「とら焼宗歓4個付けキャンペーン」では店内商品1,050円以上お買い上げの
 お客様に『とら焼宗歓』四個無料進呈
====================================
★ 「佐賀城下ひなまつり」販売のご案内

下記の日程で佐賀城下ひなまつり会場で販売を行ないます。
 ○えびすギャラリー
   日程:2月18日(土)~3月20日(火)
   実演:丸ぼうろ   3月 4日(日)~3月 6日(火) 3日間
      特製切り羊羹 3月 4日(日)~3月 6日(火) 3日間
 ○旧牛島家
   日程:2月18日(土)~3月20日(火)
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 心・愛・和」
をお持ちする予定です。

・3月 8日~3月14日 小田急藤沢店(TEL 0466-26-6111)
・3月14日~3月20日 立川高島屋 (TEL 042-525-2111)
・3月14日~3月20日 近鉄松下  (TEL 0834-21-5000)
・3月14日~3月20日 新宿高島屋 (TEL 03-5361-1111)
・3月15日~3月21日 近鉄阿倍野 (TEL 06-6624-1111)
・3月20日~3月27日 東武宇都宮店(TEL 028-636-2211)
・3月22日~3月28日 仙台三越  (TEL 022-225-7111)
・3月28日~4月 2日 鹿児島山形屋(TEL 099-227-6111)
・3月28日~4月 2日 下関大丸  (TEL 0832-32-1111)
====================================
★とらやき宗歓アンケート2月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。ホームページでお買い上げになられ、アン
ケートに答えられた方も対象とさせていただきました。
「とらやき宗歓」(1,113円相当分)を10名様にプレゼントさせていただきます。
おめでとうございます。

舌間靖子様(飯塚市) 式恵子様 (久留米市)
小西宏和様(京都府) 草野憲一様(山口県)
中山和子様(大川市) 鈴木五月様(春日市)
小場明子様(球磨郡) 森田五月様(筑後市)
浮島孝子様(荒尾市) 正木康子様(唐津市)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い
おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも2月は約11310名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/mailmagazine.html 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をお使いの皆様へ

博多大丸エアポートショップで「特製羊羹(1本 1260円)」(税込み価格)が
お買い求めになれます。
第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋で「小城羊羹(2本入1575円・3本入
2310円)・小型小城羊羹(5本入672円・8本入1050円・12本入1575円)」(税込み
価格)がお買い求めになれます。

販売店は下記を御参照ください

博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)

福岡空港第2ターミナル
(http://shop.fuk-ab.co.jp/store/shop/details/shop_detail59.html)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
本店・羊羹資料館 佐賀県小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用なさる場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp)にて解約
 して頂きますようお願い致します。