創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより1月号112号

アイキャッチ画像 メールマガジン

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
 2011年1月号 No.112
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 平成23年辛卯(かのえう)の年を迎えました。
36年前の卯歳(昭和50年)には村岡総本舗オリジナルカレンダーが鈴田照次
作品7作にて制作されました。鈴田作品は5年継続されその後継者の鈴田滋人氏
にも5年間制作をしていただきました。鈴田滋人氏は平成二十年重要無形文化財
(人間国宝)となり、父君鈴田照次氏の遺徳をすばらしい姿で残しておられます。
 鈴田照次作品で昭和51年の7作品中特筆されるのは「羊羹づくりの図」です。
明治大正期の小城の羊羹業のあり様を残すべく鈴田氏と村岡安廣社長は昭和50
年9月1日暑い小城の町の中の、ある羊羹屋を訪ね昔のありさまを取材しました。
「羊羹が文化である」ことを鈴田氏から啓示されたことから村岡総本舗羊羹資料
館の構想が始まりました。
 そして昭和59年3月31日村岡総本舗羊羹資料館は開館しました。陸軍御用
のための砂糖蔵として建設され、その後海軍御用も仰せつかったことから増設さ
れた30坪2階建の建築は平成九年国の登録文化財となりました。直前に福岡・
佐賀両県にまたがる筑後川開閉橋が国の登録文化財となっておりましたが、佐賀
県単独としては初の有形登録文化財であり、村岡総本舗にとってはまさに青天の
へきれきでありました。平成15年には隣の本店の建築とあわせ「22世紀に残
す佐賀県遺産」に指定されました。
 昭和16年8月の完成以来70年の風雪に耐えて「羊羹のふるさと小城」の象
徴である須賀神社前に存在する村岡総本舗羊羹資料館の建物の中では、元旦の新
春福茶や四月の桜茶屋、蛍時期の蛍茶屋、秋の羅漢祭が行われます。正月の清々
しい気分での須賀神社の参拝のあとに、建築70年を迎えた村岡総本舗羊羹資料
館、そして村岡総本舗本店でのゆったりとした時をお楽しみいただきたくご案内
申し上げます。
===================================
目次
・特集「餅菓子」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート12月の当選者発表
===================================
★ 特集「餅菓子」

 正月料理として欠かせない雑煮のうち、小豆雑煮が長崎から新潟に至る日本海
地域に伝えられ、「羊羹のふるさと小城」でも、この伝統が守られています。新
年を迎えるにあたり、餅に根菜類そして小豆を加え、豊かな野の幸を味わうこと
ができます。
 正月行事に欠かせない餅は、肥前(佐賀県、長崎県)地方に数多く伝えられて
きました。うるち米で作る白玉饅頭や「けいらん」はこの地に中国大陸朝鮮半島
の影響が色濃いことを示しています。
 「けいらん」は玄海地方に残るあずきあんを餅でくるんだ菓子で唐津市浜崎を
中心につくられています。同様の菓子が平戸地方、熊本県山鹿市、宮崎県にもあ
り、宮崎県以外では餅米でつくられます。うるち米では硬くなり1日の賞味期限
となることから唐津地区、宮崎県以外では古来の製法が継続できなかったのです。
 このけいらんを原型として創作された菓子が搗餅「菜畑」です。唐津市菜畑地
区がわが国米作の起源であることに因みつくられた菓子で、小倉(小豆の粒あん)、
柚子、梅の3種の味が楽しめます。
 村岡総本舗では毎年一月季節の棹物として「市の川」が登場します。餅を小豆
の粒あんで包んだ棹菓子で、小豆の豊かな味わいがたっぷりと楽しめます。村岡
総本舗の前身の米穀商の時代、「羊羹のふるさと小城」の天山の北側は同じ小城
藩、小城郡であり、市の川では豆の栽培が盛んでありました。この故事に因み「
市の川」は創製されました。
 正月のほのぼのとした気分の中で、これらの餅菓子をお楽しみいただきたく、
ご案内申し上げます。

●菜畑(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/nabatake.html)
●市の川(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/category/001_ichinokawa.html)
====================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

長崎街道は菓子の技術が伝わった道として、「シュガーロード」とも呼ばれてい
ます。著者である弊店社長は佐賀、日本はもちろんのこと、ポルトガル、スペイ
ン、韓国、中国、タイなど多くの場所に実際に訪れ、研究した集大成の本です。
ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数を
ご記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊210円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com

(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/book.html)
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「おいしいです。誕生日でケーキを食べれない人にはようかんをプレゼントし
 ます。とても喜んでくれます。」 (唐津市・女性)

「JRウォーキングで何度かお訪ねして接待を受けました。ありがとうござい
 ました。とら焼宗歓は上品な味わいでお茶といただいたらほっとします。」
 (福岡市・船越様)

「初めての小城の街並を歩きました。シュガーロードまさに口いっぱいに広が
 る甘さに、思わずため息でした。沢山、試食させていただきました。ごちそ
 う様でした。私にはくりドラが一番でした。『お土産』はすぐに決まりまし
 た。」 (長崎市・女性)
===================================
★今月の菓子

● 「市の川」(季節の棹物)
通常のものよりかなりやわらかい小倉餡と、もちを使った1月のみの棹物の
 菓子です。
  ・定価1365円 (通信販売不可) ・賞味期限 7日間
・販売期間 1月
 (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/category/001_ichinokawa.html)

●「黒豆羊羹」「極上黒豆羊羹」(季節の棹物)
 黒豆を正月に食べるのは、「黒」は日焼けで健康を意味し、「豆」は、「まめ
 に働く」ということからきているようで大変縁起がよいとされています。
 おせち料理やお歳暮、年始のごあいさつなど幅広くお使いいただければ幸い
 です。
 「黒豆羊羹」 ・価格 1365円より (通信販売可) ・賞味期間 120日間
     ・販売期間 10月~1月
 「極上黒豆羊羹」・価格 2730円より(通信販売可) ・賞味期間 90日間 
         ・販売期間 10月~1月
 (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/kuromame_yokan.html)

●「とら焼き宗歓」
 寅年にぴったりの人気菓子です。「どら焼三兄弟」も好評です。
・定価126円 (通信販売可) ・賞味期限 12日間
・販売期間 通年
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/torayaki_sokan.html)
 どら焼三兄弟
 (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/dorayaki3.html)

●「えくぼ」(初笑い)(上生菓子)
薯蕷まんじゅうで中あんは小豆のこしあんを包み、中央に紅を付け、笑った
時のえくぼを表しました。正月には「初笑い」と菓名をつけることもありま
す。
・定価231円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 1月

●おぎおんさん・さくらSAKURA
 桜の花びらの形をしたかわいらしい羊羹です。大変貴重な国産の白小豆や
 大手亡豆を使った本格的な羊羹ですので、ぜひ一度お試しください。
 また、パッケージが新しくなりました「さくらSAKURA」もございます。
  ・定価 5個入り 630円 10個入り 1050円(通信販売可) ・賞味期限 90日間
・販売期間 1月~7月
 おぎおんさん
 (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/ogionsan.html)
 さくらSAKURA
 (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/sakura.html)

●丹波大納言製羊羹
 伝統を受け継いだ手ごしなどの作業で口溶けの良さを追求した最上級の羊羹で
 す。和三盆糖など贅沢な素材を使用しております。
 ・価格 5250円より (通信販売可) ・賞味期間 60日間
・販売期間 通年
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/tanbashiroazuki_dainagon.html)

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・RKBラジオ番組『中西一清スタミナラジオ』の“大人の社会見学 企業博物館”
 コーナーに村岡由隆企画室長が生出演、村岡総本舗羊羹資料館について説明しま
 した。

・テレビ熊本番組「ぴゅあピュア」12月6日放送で村岡総本舗羊羹資料館が紹介
 されました。

・KBCテレビ番組「未来への羅針盤」のシュガーロードシリーズ12月4日放送
 で、小城羊羹として村岡総本舗の羊羹等が紹介されました。
====================================
★直営店での催し物の御案内

● 1月1日(金)~3日(日) 新春初売り(各直営店にて)
・新春初売りでは1日、2日、3日の期間中、1050円以上ご購入のお客様に
 お年玉金券(300円分)を進呈させていただきます。
  
   ・営業時間の御案内
              1月1日    1月2日、3日
    本店      11:00~18:00   平常通り
    佐賀総本店   11:00~18:00   平常通り
    小城中央店   11:00~18:00   平常通り
    小城駅前店   11:00~18:00   平常通り
    多久店     11:00~18:00   平常通り
    佐賀駅北口店  11:00~18:00   平常通り
    唐人町店    11:00~18:00   平常通り
    佐賀デイトス店   11:00~18:00   平常通り
    佐賀空港店    6:00~18:45   平常通り
    白石店     11:00~18:00   平常通り
    鳥栖店     11:00~18:00   平常通り
    唐津店     11:00~18:00   平常通り
    唐津中央店   11:00~18:00   平常通り
    有田店     11:00~18:00   平常通り
    福岡店     11:00~18:00   平常通り
    博多駅マイング店  10:00~20:00   平常通り

●1月1日(土) 小城本店新春福茶(午前11時~午後6時)
・案内状をお持ちのお客様に、「小型小城羊羹(2本入り)」進呈
・抹茶・黒豆羊羹ご試食無料サービス
・はなびらもち販売(限定300個)
・季節限定の菓子をはじめ試食をふんだんにご用意してお待ち致しております。

●1月9日(日) 佐賀空港店感謝祭(午前6時~午後6時45分)
・店内商品1,050円以上お買い上げのお客様に「小型小城羊羹(2本入り)」
 進呈
・小豆の風味豊かな「自家製ぜんざい」の無料サービス
 (午前8時20分~午後6時45分)

●1月15日(土) 多久店感謝祭(午前8時~午後8時)
●1月28日(金) 佐賀駅北口店感謝祭(午前8時~午後8時)
多久店感謝祭・佐賀駅北口店感謝祭では、
・小豆の風味豊かな「自家製ぜんざい」の無料サービス
・店内商品1,050円以上お買い上げのお客様に「小型小城羊羹(2本入り)」
 進呈
・「特製切り羊羹」の実演販売(午前10時・午後3時)
====================================
★とらやき宗歓アンケート12月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。ホームページでお買い上げになられ、アンケー
トに答えられた方も対象とさせていただきました。
「とらやき宗歓」(1113円相当分)を10名様にプレゼントさせていただきます。
おめでとうございます。

中山文代様 (西松浦郡) 秋元香里様 (大村市)
岡口勇生様 (唐津市)  佐々木尚美様(鹿児島市)
古賀正樹様 (佐賀市)  園田恭子様 (諌早市)
馬場雅昭様 (高槻市)  坂井朝子様 (唐津市)
船越迪子様 (福岡市)  平山俊子様 (長崎市)
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「栗羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 
心・愛・和」 をお持ちする予定です。

・1月 5日~1月11日 小倉井筒屋 (TEL 093-522-2011)
・1月 6日~1月11日 広島福屋  (TEL 082-568-3053)
・1月 6日~1月12日 近鉄四日市店(TEL 059-353-5151) 
・1月12日~1月18日 鹿児島山形屋(TEL 099-227-6111)
・1月12日~1月18日 柏高島屋  (TEL 04-7144-1111)
・1月19日~1月24日 松戸伊勢丹 (TEL 047-364-1111) 
・1月19日~1月26日 近鉄松下  (TEL 0834-21-5000)
・1月20日~1月26日 東急吉祥寺店(TEL 0422-21-5111)
・1月26日~1月27日 長崎浜屋  (TEL 0958-38-2415)
・1月26日~1月31日 浦和伊勢丹 (TEL 048-834-1111)
・1月26日~2月 1日 京急百貨店 (TEL 045-848-1111)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも12月は約12550名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/mailmagazine.html
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をご利用の皆様へ

博多大丸エアポートショップで「特製羊羹(1本 1260円)」(税込み価格)が
お買い求めになれます。
第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋で「小城羊羹(2本入1575円・3本入
2310円)・小型小城羊羹(5本入672円・8本入1050円・12本入1575円)」(税込み
価格)がお買い求めになれます。

販売店は下記を御参照ください

博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)

福岡空港第2ターミナル
(http://shop.fuk-ab.co.jp/store/shop/details/shop_detail59.html)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
本店・羊羹資料館 佐賀県小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297
※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用なさる場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp)にて
 解約して頂きますようお願い致します。