創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより10月号109号

アイキャッチ画像 メールマガジン

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
2010年 10月号 No.109
毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に村岡総本舗の考えを
理解していただければ幸いです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 神無月10月、秋の実りの収穫期となりました。
村岡総本舗季節の棹物、今月は「栗きんとん羊羹」です。村岡総本舗の栗菓子の
歴史は今から三十二年前、昭和五十三年に始まります。
 先代村岡安夫は、新しい高級原料として栗を取り入れることを思いたち、卵入
りの桃山生地に栗一粒を入れた「菓悦」を創案しました。手で一個一個を包む技
術、良質の栗を入手する工夫によって菓悦は三十二年の内に徐々に進化し、今で
は村岡総本舗の栗菓子の起源として大切に作られています。
 その後栗入りのどら焼「栗みかさ」や栗入りの煉羊羹「栗羊羹」が続々と発売
され好評を博しています。とりわけ手作業で生栗を栗あんとして一粒栗をあわせ
た「栗きんとん羊羹」は十二か月それぞれの月に限定して作られる季節の棹物の
ひとつとして大切に作られてきました。
 ひと頃 栗菓子が数多く作られたため国産栗が入手難となり、一部外国産使用の
時期もありましたが、国産栗の入手がようやく可能となり、村岡総本舗の栗菓子
の栗は全て国産となりました。
 今では生栗から作られる「栗きんとん」や、栗大福、麦と栗、栗羽二重、季節
の棹物「白坂」「栗きんとん羊羹」などの栗菓子が秋の最高の味覚のひとつとし
て村岡総本舗店頭をにぎやかに飾っています。
===================================
目次
・特集「世界一の菓子大国日本!!」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート9月の当選者発表
===================================
★ 特集「世界一の菓子大国日本!!」

 本年7月26日号の菓子食品新聞には世界の菓子類消費額が掲載され、国別あ
るいは国民一人当りにおいて日本は世界一の消費国であることが紹介されました。
 国別では米国、日本、英国の順ですが、為替レートは現在より2割位異なるた
め現在のレートでは米国と日本がほぼ同額となります。国民一人当りにおいても
英国、日本、スウェーデンの順となっていますが、ここでも為替レートが異なる
ため現在のレートでは圧倒的に日本が一位となります。
 このように世界一菓子消費が盛んな日本である由来はどこにあるのでしょうか。
 まず豊かな自然や四季の移ろいから生れる豊かな感性、鋭い味覚があげられま
す。そして行事や伝統を大切にし、地域の風土にあった味わいをつくりあげる国
民性も特筆されます。「材料に優る技術なし」といわれるほどの良質の材料を生
産する農業をはじめとした第一次産業の水準の高さや世界中のおいしい菓子を取
り入れる進取の気性にも優れています。そして薬膳と言えるほどに健康にも優れ
た効果をもつ食のひとつ、「非時香菓=ときじくのかぐのこのみ」すなわち橘が
起源であることも、わが国の菓子の特長を示しています。

 時代によって様々に変容を示してきた日本の菓子も質量ともに世界一の水準と
なり、いよいよ佳境を迎えていることを、この菓子食品新聞の報告が示していま
す。
====================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

 弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が佐賀新聞より発売されております。
長崎街道は菓子の技術が伝わった道として、「シュガーロード」とも呼ばれてい
ます。著者は研究のため、年月をかけて佐賀、日本はもちろん、ポルトガル、ス
ペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数を
ご記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊210円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「佐賀(実家)に来た帰りは必ず寄っていきます。試食も楽しみです。特製切り
 羊かんはおみやげの定番です。」
 (宮崎県・狩峰様)

「初めはお店に来ました。品ぞろい豊富で試食もあり、買う側にとって、とても
 安心できるお店でした。とても美味しかったです。」
 (長崎県・女性)

「お茶の教室をしていますので使ってます。店頭にサービス(試食のお茶)とて
 も良好です。又見学も出来、VTRまでありとても良かったです。伝統を守り
 ながら頑張って下さい。」
 (福岡県・男性)
===================================
★今月の菓子

●「栗きんとん羊羹」(10月限定・季節の棹物)
  小豆を一切使わず、羊羹の部分も栗で作られた秋ならではのぜいたくな
  一品です。大きな栗粒とともにお楽しみ下さい。
   ・定価 2100円、1365円(通信販売可) ・賞味期限 10日間
・販売期間 10月
  (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/category/010_kurikinton.html)

●「麦と栗」
  素朴な味わいの白餡と麦こがしの皮、ひと粒栗の三種類のハーモニーは
  多くの方々から好評を得ています。季節限定商品です。
   ・定価 210円(通信販売不可)・賞味期間 6日間
   ・販売期間 通年 

●「菓悦」
  秋の代表的な味覚である栗一粒を桃山生地で包み焼き上げました。
  栗好きな方に好評の抹茶にもよく合う菓子です。
   ・定価 294円(通信販売可) ・賞味期間 12日間
   ・販売期間 通年
 (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/kaetsu.html)

● 「栗大福」(季節の朝生)
  栗の風味と求肥(ぎゅうひ)独特の食感。小倉あんのおいしさを一度に
  味わえる贅沢な秋ならではの一品です。
   ・定価 158円 ・賞味期間 2日間
   ・販売期間 9月~11月

● 「延年菊」(上生菓子)
  紅色の練切で白餡を包み菊花の型に押して仕上げました。菊は香り高く
  気品があるので邪気を払い寿命を延ばすと伝えられています。

   ・定価 231円 ・賞味期間 当日限り
   ・販売期間 10月

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
===================================
★直営店での催し物の御案内

10月 2日(土) 福岡店秋の収穫祭(午前10時~午後7時)
・店内商品1,050円以上お買い上げのお客様に小型小城羊羹(2本入)進呈
・季節の棹物「栗きんとん羊羹」や「麦と栗」など季節菓子の販売
・小倉の餡に栗が入った「栗羊羹」のご試食と抹茶の無料サービス

10月10日(日)小城駅前店感謝祭(午前9時~午後6時)   
・案内はがきをお持ちの方に小さくても本格的で賞味期間も長い「小型小城羊
 羹(2本入り)」を無料進呈
・季節の棹物「栗きんとん羊羹」や「麦と栗」など季節菓子の販売
・小倉の餡に栗が入った「栗羊羹」をはじめ、いろいろなご試食
・特製切り羊羹実演(午前10時・午後3時)

とら焼き宗歓四個付けキャンペーン日程
 10月16日(土)・17日(日) 鳥栖店(午前8時~午後8時)
 10月24日(日) 小城地区 小城本店・小城中央店(午前8時~午後8時)
               小城駅前店(午前9時~午後6時)                                  
 10月30日(土)多久店・白石店(午前8時~午後8時)
・とら焼き宗歓4個付けキャンペーンでは、店内商品1,050円以上お買い上げの
 お客様に『とら焼き宗歓』4個無料進呈
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「栗羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 
心・愛・和」 をお持ちする予定です。

・ 9月29日~10月 5日 名鉄百貨店 (TEL 052-585-1111)
・10月 6日~10月12日 横浜高島屋 (TEL 045-311-5111)
・10月13日~10月19日 港南台高島屋(TEL 045-833-2211)
・10月19日~10月24日 大宮高島屋 (TEL 048-643-1111)
・10月21日~10月27日 東武船橋  (TEL 047-425-2211)
・10月26日~11月 1日 日本橋高島屋(TEL 03-3211-4111)
・10月28日~11月 3日 京阪守口店 (TEL 06-6994-1313)
====================================
★ 「特製切り羊羹」実演販売

外側にシャリ感があり中は柔らかい、生菓子感覚の羊羹である「特製切り羊羹」
の実演販売です。切りたての羊羹は普通の羊羹よりもみずみずしく独特の味わい
です。これは、予約注文の「流し箱羊羹」(3885円)でのみ味わえる感覚ですの
で、ぜひお試しください。

・10月 6日~10月11日 長崎浜屋 (TEL 0958-24-3221)
====================================
★とらやき宗歓アンケート9月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。今回も8月31日までに、アンケートに答えら
れた方を対象とさせていただきました。
「とらやき宗歓」(1113円相当分)を10名様にプレゼントさせていただきます。
おめでとうございます。

百田幸子様 (愛知県) 河野和代様(由布市)
長岡文子様 (小城市) 田中景子様(小城市)
瀬戸口英樹様(朝倉郡) 平石里美様(佐世保市)
長尾拓也様 (広島市) 狩峰和彦様(東臼杵郡)
吉田久子様 (大村市) 瀧郁男様 (久留米市)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも9月は約11200名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/mailmagazine.html 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をご利用の皆様へ

博多大丸エアポートショップで「特製羊羹(1本 1260円)」(価格税込みです)が
お買い求めになれます。
第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋で「小城羊羹(2本入1575円・3本入
2310円)・小型小城羊羹(5本入672円・8本入1050円・12本入1575円)」(税込み
価格)がお買い求めになれます。

販売店は下記を御参照ください

博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)

福岡空港第2ターミナル
(http://shop.fuk-ab.co.jp/store/shop/details/shop_detail59.html)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
本店・羊羹資料館 佐賀県小城市小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用される場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp)にて
 解約して頂きますようお願い致します。