創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより2月号89号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
 2009年2月号 No.89
毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に村岡総本舗の考えを
理解していただければ幸いです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 如月(きさらぎ)2月立春節分そして梅の花の季節となりました。シュガーロ
ード長崎街道25宿の中心佐賀は、城下町として様々の伝統文化を残してきまし
た。そのひとつに端唄「梅ぼし」があります。「しわはよれども、あの梅ぼしは」
で始まる唄は民謡ともされていますが、格調高く今もなおこの季節にはこの唄に
因む「梅ぼし会」が毎年開催されています。
 村岡総本舗三代目村岡安夫はこの「梅ぼし」に由来する有平糖(あるへいとう)
の飴づくりを思い立ち、昭和三十年京都より飴づくりのの先生を招き製造を始め
ました。村岡総本舗羊羹づくり開始以来五十六年余の長い時間ののち、ようやく
菓子づくりが始まったのでした。以来五十余年伝統の飴づくりは年末より始まり、
梅の花が散って桜に移る三月まで続けられます。飴は梅ぼしの味に加え抹茶味、
黒糖味わありそれぞれが伝統の製法によりすっきりとしたさわやかな後味で、こ
の時期の村岡総本舗に欠かせない季節商品として多くの方々に愛好されています。
製造数に限りがあるため売り切れることも多く、お買い上げの際は事前のご確認
を何卒宜しくお願い申し上げます。

 今回も「村岡総本舗だより」の読者の特典といたしまして、「村岡総本舗だより」
の一枚目をプリントアウトして直売店にもって来ていただいた方に、100円前後の
商品を1個プレゼントします。「村岡総本舗だよりを持ってきました」と販売員
に渡していただきますよう、お願いいたします。

 期限は発効日~28日です(感謝祭の日は除く)。ささやかなプレゼントです
が、ぜひご活用ください。
===================================
目次
・特集「2月の季節の棹物 『蒸し羊羹』」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート1月の当選者発表
===================================
★ 特集「2月の季節の棹物 『蒸し羊羹』」

 一年で最も寒い月である2月には村岡総本舗季節の棹物「蒸し羊羹」が登場
します。3月の岡の花とともに日もちのしない蒸し物の棹物です。この時季菓
子にとっては寒冷な好条件があるため、このような日もちのしない蒸し物を製
造しています。
 「蒸し羊羹」は羊羹の原形すなわちルーツといわれています。「羹(あつも
の)にこりてなますを吹く」のたとえの通り、古来羹はスープでありました。
スープの中には様々な食物がありましたが、その中の羊肉の煮こごりを植物性
の小豆におきかえてつくった固形物が蒸し羊羹であったとされています。他の
説では中国から来た「外郎(ういろう)」という餅菓子が、蒸し羊羹となった
ともいわれます。
 蒸し羊羹が煉羊羹となったのは十八世紀で、京都 長崎 江戸の順に始まった
とされています。この頃の製法をそのまま受けつぎ今に残るのが、小城の切り
羊羹であり、このことから小城は「羊羹のふるさと」とも言われています。
現代の日もちのする機械包装の羊羹は1930年のニューヨークにおけるラミ
ネート紙の発明に由来するとされています。
 羊羹の原形である蒸し羊羹は3時間もの蒸し時間を要するため現在において
は煉羊羹と比べ極めて僅かな生産がなされています。素朴な柔らかさが特長の
「蒸し羊羹」の独特の味わいをぜひ一度お試し下さい。
====================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が佐賀新聞より発売されております。
長崎街道は菓子の技術が伝わった道として、「シュガーロード」とも呼ばれてい
ます。著者は研究のため、年月をかけて佐賀、日本はもちろん、ポルトガル、ス
ペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数をご
記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊210円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「羊羹の製造などを資料館で見せて頂き、大変楽しゅうございました。友人にも
 話し、これから羊羹を食する時に又、一段と美味しく感じる事でしょう。」
 (福岡市・小山様)

「羊羹おいしかったです。まわりが固いのが良いです。」
 (長崎市・男性)

「昔なつかしい羊羹を折にふれては探しておりましたら、二子玉川にある高島屋
 さんでめぐり会えて、それからはいつもお茶の友にいただいております。おみ
 あげにもとても便利です。」
 (川崎市・女性)
===================================
★今月の菓子

●「おぎおんさん」
  小城公園の桜をイメージした羊羹。ハート型にも見えることから
  バレンタインデーにもご利用頂いております。
  ・定価 5個入630円 10個入1050円(通信販売可)・賞味期限 90日間
  ・販売期間1月~7月
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/ogionsan.html)

●「蒸し羊羹」(季節の棹物)
 起源は煉り羊羹より古く、鎌倉・室町時代にさかのぼります。なめらかな舌
  ざわりで小豆の少し苦みのある豊かな味わいが楽しめます。日もちがしない
  ため、今の時期だけの販売ですのでお早めにお買い求め下さい。
・定価1365円 (通信販売不可) ・賞味期限 7日間
・販売期間 2月
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/category/002_mushiyokan.html)

●「おびな・めびな」(上生菓子)
みどり色、桃色の煉切りと白の煉切を張り合わせ、小豆あんに巻いて装束姿
  をあらわしました。かわいらしい菓子を桃の節句にどうぞ。
  ・定価231円(通信販売不可) ・賞味期限 当日限り  
・販売期間 2月~3月(要予約)

●「菜畑」 
  中国に由来する伝統的なもち菓子をイメージして作りました。日本最古の稲
  作の遺跡と言われている唐津市菜畑の名に由来し、もち菓子がお好きなお客様  
  に特に好評です。(梅、柚子、小倉の三種)
・定価168円 (通信販売可) ・賞味期限 12日間
・販売期間 通年
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/nabatake.html)

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
  mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
  FAX  0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・西日本新聞1月1日(木)日付「シュガーロード」特集に村岡安廣社長が登場、
 村岡総本舗羊羹資料館も紹介されました。

・『TAKASIMAYA SALON』1月号“日本を再発見する”欄「佐賀シュガーロード」
 に村岡総本舗等が掲載されました。

・『読売ファミリー』2月号“晴れたら出かけよう”小京都・小城の特集に村岡
 総本舗本店と羊羹資料館がイラストで紹介されました。
====================================
★直営店での催し物の御案内

●2月 7日(土) 白石店感謝祭(午前8時~午後8時)
・記念品の進呈(ご案内はがきをお持ちの方、受付でお名前・ご住所などお書き
 のお客様)小型小城羊羹(3本入り)進呈
・切り立ての味が楽しめる「特製切り羊羹」の実演販売(午前10時・午後3時)
・小豆の風味豊かな「自家製ぜんざい」の無料サービス
・季節の棹物「蒸し羊羹」、季節商品蒸しどら焼き「からんぐ」販売

●2月14日(土) 小城中央店感謝祭(午前8時~午後8時)
・記念品の進呈(ご案内はがきをお持ちの方、受付でお名前・ご住所などお書き
 のお客様)小型小城羊羹(3本入り)進呈
・切り立ての味が楽しめる「特製切り羊羹」の実演販売(午前10時・午後3時)
・小豆の風味豊かな「自家製ぜんざい」の無料サービス
・季節の棹物「蒸し羊羹」、季節商品蒸しどら焼き「からんぐ」販売

●とら焼宗歓4個付けキャンペーン日程
・2月21日(土) 佐賀駅北口店、唐人町店(午前8時~午後8時)
・2月28日(土)3月1日(日) 鳥栖店 (午前8時~午後8時)
 店内商品1050円以上お買い上げのお客様に『とら焼宗歓』4個無料進呈
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 心・愛・和」
をお持ちする予定です。

・2月 4日~2月10日 小田急藤沢店(TEL 0466-26-6111)
・2月 5日~2月12日 玉川高島屋 (TEL 03-3709-3111)
・2月11日~2月17日 千里阪急  (TEL 06-6836-1741)
・2月18日~2月24日 横浜高島屋 (TEL 045-311-5111)
・2月25日~3月 2日 浦和伊勢丹 (TEL 048-834-1111)
====================================
★ 「特製切り羊羹」実演販売

外側にシャリ感があり中は柔らかい、生菓子感覚の羊羹である「特製切り羊羹」
の実演販売です。切りたての羊羹は普通の羊羹よりもみずみずしく独特の味わい
です。これは、予約注文の「流し箱羊羹」(3885円)でのみ味わえる感覚ですの
で、ぜひお試しください。

・2月17日~2月19日 大村浜屋 (TEL 0957-53-3161)
====================================
★とらやき宗歓アンケート1月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。ホームページでお買い上げになられ、アンケ
ートに答えられた方も対象とさせていただきました。
「とらやき宗歓」(1113円相当分)を10名様にプレゼントさせていただきます。
おめでとうございます。

佐々木清男様(佐賀市) 前原律子様 (筑紫野市)
梶本康高様 (名古屋市)山口和子様 (渋谷区)
仲井一夫様 (富田林市)黒澤知子様 (町田市)
豊福英治様 (福岡市) 小山りえこ様(福岡市)
釘本貴晴様 (長崎市) 高原富美子様(川崎市)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも1月は約13000名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/mailmagazine.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をお使いの皆様へ

博多大丸エアポートショップで「特製羊羹(1本 1260円)」(価格税込みです)が
お買い求めになれます。

販売店は下記を御参照ください

博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
本店・羊羹資料館 佐賀県小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用なさる場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp)にて
 解約して頂きますようお願い致します。