創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより12月号87号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
  2008年 12月号 No.87
毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に和菓子の持つ季節感
やすばらしさを知っていただければ幸いです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 師走12月、今年の冬は厳しい冷えこみが予想されています。
12月の棹物黒豆羊羹。
この黒豆羊羹の製造は、弊店社長が来店された丹波篠山農協の方々からいた
だいた丹波篠山産黒豆入羊羹がきっかけとなりました。
丹波篠山の四大農作物は全国に知られる小豆、山芋、栗、黒豆(大豆)です。
日本一高値のこれらの作物のひとつ黒豆を原料とした羊羹がそれ程美味に感
じられなかったため、弊店においても黒豆羊羹を検討することとなりました。
そこで京都はじめ各地の菓子どころと言われる地域の黒豆羊羹を買い集め試
食をしたのです。残念ながら特別な味わいの黒豆羊羹は見つかりませんでし
た。
 そこで弊店でも美味な黒豆羊羹の製造を目ざすこととなったのですが、も
うひとつのハードルが見えてきました。黒豆(大豆)という油脂を含む原料
は元々羊羹では使用されておらず、このことが問題となりました。しかし
「栗を使用することと同様に考えれば良い」との意見もあり、結局丹波黒豆
を散らした紅色の流し込み羊羹ができ上りました。北海道産大手亡豆の紅あ
んに黒豆を配し、そのとり合せの具合で味わいも良かったことから発売後人
気を博し、毎月の季節の棹物の中でも一番の人気商品となりました。
 意外な売れ行きに驚きながら、人気の秘密を探ると、紅色と黒のとり合せ
からおめでたい正月のおせち料理のひとつとして取り上げられていることが
わかりました。
 数年後白小豆を使用する極上黒豆羊羹も発売され年末年始の贈答にも大い
に利用されています。

今回も「村岡総本舗だより」の読者の特典といたしまして、「村岡総本舗だよ
り」の一枚目をプリントアウトして直売店に来ていただいた方に、100円前後
の商品を1個プレゼントいたします。「村岡総本舗だよりを持ってきました」
と販売員に渡していただきますよう、お願いいたします。

期限は発行日~12月31日です(感謝祭の日は除く)。ささやかなプレゼント
ですが、ぜひご活用ください。
===================================
目次
・特集「どらやきランド九州」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート11月の当選者発表
===================================
★ 特集「どらやきランド九州」

 どら焼きは今や全国津々浦々に広まりました。
記憶の中にあるのは昭和三十年代から四十年代にかけて長崎や東京の文明堂
が販売していた「三笠山」です。奈良三山のひとつ三笠山の形をした菓子と
して文明堂のどら焼が全国に知れ渡りました。粒あんの小豆とカステラ地の
皮の取りあわせの妙が従来の和菓子とは若干異なる趣きがあり、どら焼きを
大量に生産する機械の伸展とともに大きな需要をつくりだしました。
 この機械も九州福岡県前原市出身の増田文彦氏により大いに広まりました。
新日本機械工業(現マスダック)を創業した増田氏は九州大学卒業で飛行機
製造を志したものの叶わず、菓子機械製造の道を選択しました。その中でど
ら焼き製造機に注目し、マスダックは日本一のどら焼き機製造メーカーとな
ったのです。
 長崎文明堂の「三笠山」の成功と福岡県前原市出身の増田文彦氏の優れた
どら焼き機製造による需要の拡大により菓子の楽しさは一層大きなものとな
りました。このようにどら焼き人気を支える「どらやきランド九州」を今回
は特集しました。

 村岡総本舗では昭和四十五年発売の「どら焼」平成三年発売の「とら焼宗
歓」そして「栗みかさ」の三種の「どら焼き」を製造販売しています。いず
れも原料を厳選し製法にこだわった逸品揃いです。「どら焼ランド九州」の
多くの「どら焼き」の中からぜひ一度お選び下さい。
====================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

 弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が佐賀新聞より発売されております。
長崎街道は菓子の技術が伝わった道として、「シュガーロード」とも呼ばれてい
ます。著者は研究のため、年月をかけて佐賀、日本はもちろん、ポルトガル、ス
ペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数をご
記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊210円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見が多く、本当に感謝しております。
ご協力ありがとうございました。

「特製切り羊羹はさくっとする食感がとっても良かったです。皆さんがすごい
 親切で、丁寧なのでよかったです。」
 (杵島郡・女性)

「羊羹もおいしいですが、特に宗歓は質、量、価格も満足でこれからも愛食し
 ていきたいと思っています。」
 (豊田市・女性)
===================================
★今月の菓子

●「黒豆羊羹」(季節の棹物)
 淡白な紅練の羊羹と丹波の黒豆の相性が人気の季節限定の羊羹です。羊羹の
質がより高い極上黒豆羊羹は特に贈答品として人気です。

・価格 1365円より (通信販売可) ・賞味期間 120日間
・販売期間 10月~1月
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/kuromame_yokan.html)
「極上黒豆羊羹」
・価格 2730円より(通信販売可) ・賞味期間 90日間 
     ・販売期間 10月~1月
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/kuromame_yokan.html)

● 極上羊羹「心・愛・和」
 贈答に一番人気のある羊羹です。和三盆糖や氷砂糖を使用し、外装にも
こだわった逸品です。
・価格1本2415円より(通信販売可) ・賞味期間 120日間
・販売期間 通年
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/gokujo_yokan.html)

● 丹波製羊羹
伝統を受け継いだ手ごしなどの作業で口溶けの良さを追求した最上級の羊羹で
す。和三盆糖など贅沢な素材を使用しております。
・価格1本5250円より(通信販売可) ・賞味期間 60日間
・販売期間 通年
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/tanbashiroazuki_dainagon.html)

●「雪花(せっか)」(上生菓子)
 薯蕷まんじゅう(=山芋生地のまんじゅう)で中は小豆のこし餡を包み、上
 部に雪花の焼印を押して初雪の明るさを表した菓子です。
・価格 231円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 12月

●小城の朔羊羹
 年に6回限り生産する和三盆糖、備中産赤大豆を使用し最高品質の本練り
羊羹です。十二月一日出荷予定のものが若干ございます。ぜひお問い合わ
 せ下さい。
  ・価格 10500円(通信販売可)・賞味期間は12月は20日間
  ・販売期間4、7、8、12、1、3月の1日のみ
※ただし、十五箱以上のご注文いただければ製造が可能ですので、ご相談
ください。
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/tsuitachi.html)

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ  http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・NHK総合テレビ番組「ゆうどきネットワーク」十一月二十六日放送の『芝田山
 親方のごっつあんスイーツ』で、小城羊羹がとりあげられ、村岡総本舗の羊羹
 づくりと特製切り羊羹と櫻羊羹が紹介されました。
====================================
★直営店での催し物の御案内

12月6日(土) 白石店七周年祭(午前8時~午後8時)

・案内状をお持ちのお客様に小さくても本格的で賞味期間も長い小型小城羊羹
(3本入り)の進呈
・特製切り羊羹実演販売(午前11時・午後2時)
・季節限定商品「柚子萬頭」等販売
・黒豆羊羹と抹茶の無料サービス
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「栗羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 
心・愛・和」 をお持ちする予定です。

・12月11日~12月15日 西鉄久留米タミー(TEL 0942-34-3421)
・12月26日~12月30日 くまもと阪神  (TEL 096-322-1111)
・12月26日~12月30日 阪急梅田    (TEL 06-6361-1381)
====================================
★とらやき宗歓アンケート11月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。ホームページでお買い上げになられ、アンケー
トに答えられた方も対象とさせていただきました。

武富洋子様 (柳川市)  佐賀睦代様 (下関市)
荷宮美由喜様(福岡市)  筒居祐美子様(京都市)
有信雅子様 (浦安市)  山口絹枝様 (長崎市)
高石典子様 (大牟田市) 友田里子様 (北葛城郡)
真崎佐和子様(佐賀市) 平原律子様 (豊田市)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも11月は約12800名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/mailmagazine.html 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をお使いの皆様へ

博多大丸エアポートショップで「特製羊羹(1本 1260円)」(価格税込みです)が
お買い求めになれます。

販売店は下記を御参照ください

博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
本店・羊羹資料館 佐賀県小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用なさる場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp)にて
 解約して頂きますようお願い致します。