創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより11月号86号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
2008年 11月号 No.86
毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に和菓子の持つ季節感
やすばらしさを知っていただければ幸いです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
霜月11月と相成りました。

佐賀の穀倉地帯も実りの秋となり、今年の収穫はまずまずで佐賀インターナショ
ナルバルーンフェスタや唐津くんちが行なわれます。

江戸時代村岡総本舗の前身の米穀商であった村岡家では、佐賀における丹波地
方といわれる南山村や北山村(現在の佐賀市富士町)から山の幸が秋になると
もたらされました。小豆や山芋等と共に柴栗といわれる小さな栗も大量に実り、
この栗をゆでて売る「栗売り」の声が町中にひびきました。大正期、昭和初期
には旧制中学の生徒もこの栗売りを手伝い、村岡家にてこの柴栗を求めて町中
を売り歩いたと言われます。村岡家の前の須賀神社の広場「柴原(しばわら)」
には旧暦九月十五日の柿祇園の日には市が立ち秋の実りの商いが長年にわたり
続いてきました。中世の千葉氏よりの城下町であった小城にはこの時期「そう
け市」なる農具の市も立ち肥前の一大中心としての賑いが見られたのです。

今回も「村岡総本舗だより」の読者の特典としまして、「村岡総本舗だより」
の一枚目をプリントアウトして直売店にもって来ていただいた方に、100円前
後の商品を1個プレゼントします。「村岡総本舗だよりを持ってきました」と
販売員に渡していただきますよう、お願いいたします。

 期限は発行日~11月30日までです(感謝祭の日は除く)。ささやかなプ
レゼントですが、ぜひご活用ください。
===================================
目次
・特集「豊かな白小豆のあじわいと流箱羊羹」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート10月の当選者発表
===================================
★ 特集「豊かな白小豆のあじわいと流箱羊羹」

 今年も北海道をはじめとして小豆の収穫がはじまりました。小豆は一旦乾燥
させ、粒を選別するため産地から消費地に送られる時期は11月以降となりま
す。豆を乾燥させる豆こずみは稲わらこずみと良く似た形態もあり、空から見
る景色は一幅の風物詩でもあります。
 煉羊羹の起源のひとつに弁当箱に流す形態があり、江戸の羊羹の元はこの形
式であり、村岡総本舗の朔(ついたち)羊羹はこの形態を復元したものです。
 この形は小豆の豊かな味わいと角寒天の何とも言われぬ舌ざわりをそのまま
表現できる最高の形式とされています。とりわけ白小豆は食したものだけしか
評価できないといわれるほどの微妙なあじわいのため、この形式によってみず
みずしさが保たれ、本当のおいしさが伝えられるといわれます。
 村岡総本舗木工部の杉箱制作はこの流箱の伝統を支え今なお継続中です。
 朔羊羹は年六回の限定となりますが、一般の流し箱羊羹は3~5日間の日数
にて予約注文が可能となっております。伝統の煉羊羹の真髄が村岡総本舗の流
箱羊羹にあることをここにお伝えいたします。
===================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

 弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が佐賀新聞より発売中です。長崎街道
は菓子の技術が伝わった道としても知られ、「シュガーロード」とも呼ばれていま
す。著者は研究のため、年月をかけて佐賀をはじめとする日本はもちろん、ポルト
ガル、スペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。
この本は、その集大成ともいえます。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数をご
記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊210円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/book.html)
===================================
★「お客様の広場」
 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「特製切り羊羹は、まわりが固くて味わい深いものでおいしかったです。羊羹
 資料館で頂いたお茶がおいしかったです。」
(佐賀市・女性)

「多人数でおしかけてお手数おかけ致しました。羊羹も抹茶もおいしくいただ
 きました。手間がかかっているから、おいしいですね!」
(筑紫野市・女性)
===================================
★今月の菓子

●「七五三詰合せ」
 縁起の良い千歳あめと人気商品「とら焼宗歓」、佐賀の誇るバルーンフェスタ
 をイメージした「パイまんじゅう気球船」の詰合せです。
 ・定価 1398円、2355円 ・賞味期限 12日間 
 ・販売期間 

●「柚の木」(ゆのき)(季節の棹物)(ゆず入り薯蕷羹)
 薯蕷(じょうよ=山芋)のしっとりしたやさしい味わいにゆずの香りのさっぱ
 りした味わいがマッチしています。軽羹とはまた違った独特のしとり感をお楽
 しみください。
 「柚の木」は本店の所在地小城町と穀倉地帯の南山北山をつなぐ山あいの実際
 にある地名です。
 ・定価 1365円 (通信販売可) ・賞味期限 10日間
・販売期間 11月
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/category/011_yunoki.html)

●「唐いも」
  本物のいもと間違えそうな外見と、白いんげんの「いも」が口の中でとける
 ような食感と、ほどよいシナモンの風味をお楽しみください。
 テレビ西日本の番組「ももち浜DXストア」で、“いもスイーツ・ランキング”
コーナーで、村岡総本舗の『唐いも』が第二位に選ばれ紹介されました。
・定価 126円 (通信販売可) ・賞味期限 12日間  
・販売期間 通年
(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/karaimo.html)

●パイまんじゅう気球船
  練りパイの製法に改良を加えて何層にも重なったパイ生地と羊羹作りによって
  磨かれた餡のおいしさが楽しめます。かぼちゃは特に若い女性に人気です。
  佐賀インターナショナルバルーンフェスタのお土産としてもご利用いただいて
  おります。 
 ・定価 158円(通信販売可)・賞味期間12日間
 ・販売期間 通年
  (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/product/kikyusen.html)

●「錦秋」(上生菓子)
  黄色とオレンジ色に染めたきんとん餡をそぼろ状とし美しい紅葉をイメージ
  しました。中は小倉餡になっております。
・定価 231円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 11月

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・九州朝日放送「るり色の砂時計」に10月12日“九州の小京都小城の歴史を
 たどる”で村岡総本舗の羊羹資料館と小城羊羹が紹介されました。
===================================
★直営店での催し物の御案内

●11月29日(土)30日(日) 佐賀総本店冬の大感謝祭(午前8時~午後8時)
・店内商品1,050円以上お買い上げのお客様に金券の進呈
・特製切り羊羹実演販売(午前11時・午後2時)
・案内状をお持ちの方に小さくても本格的で賞味期間も長い小型小城羊羹
 (三本入り)の進呈
・お子様や初めての方のための簡単な抹茶のたて方、飲み方講座(午後3時)
・クリスマス用丸カステラ「慶賀」のご試食と特別販売

●とら焼き宗歓4個付けキャンペーン日程
11月 1日(土)唐人町店・佐賀駅北口店(午前8時~午後8時)
11月 8日(土)白石店・多久店(午前8時~午後8時)
11月15日(土)16日(日) 有田店(午前8時~午後8時)
11月23日(日)唐津店(午前9時~午後7時30分)
         唐津中央店(午前8時~午後8時) 
・とら焼き宗歓4個付けキャンペーンでは、店内商品1,050円以上お買い上げの
 お客様に『とら焼き宗歓』4個無料進呈
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「栗羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 
心・愛・和」 をお持ちする予定です。

・11月 1日~11月 7日 トキハわさだ(TEL 097-586-1111)
・11月 5日~11月 7日 日本橋プラザ
・11月 5日~11月10日 小田急町田 (TEL 042-727-1111)
・11月 6日~11月11日 大宮高島屋 (TEL 048-643-1111)
・11月12日~11月18日 遠鉄百貨店 (TEL 053-457-0001)
・11月12日~11月18日 近鉄松下百貨店(TEL 0834-21-5000)
・11月13日~11月18日 今治大丸  (TEL 0898-32-1111)
・11月26日~12月 2日 小倉井筒屋 (TEL 093-522-2011)
====================================
★ 「特製切り羊羹」実演販売

外側にシャリ感があり中は柔らかい、生菓子感覚の羊羹である「特製切り羊羹」
の実演販売です。切りたての羊羹は普通の羊羹よりもみずみずしく独特の味わい
です。これは、予約注文の「流し箱羊羹」(3885円)でのみ味わえる感覚ですの
で、ぜひお試しください。

・11月18日 長崎浜屋 (TEL 0958-24-3221)
====================================
★とらやき宗歓アンケート10月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。アンケートに答えられた方も対象とさせてい
ただきました。「とらやき宗歓」(1113円相当分)を10名様にプレゼントさせて
いただきます。おめでとうございます。

木戸 紫様(福岡市) 米田美保子様(大牟田市)
大槻春雄様(筑紫郡) 小林豊子様(埼玉県)
杉原房子様(福山市) 井上幸子様(嘉麻市)
保利久江様(唐津市) 伊藤春雄様(雲仙市)
松岡百合江様(周南市)佐藤絹子様(南丹市)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも10月は約12650名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 (http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/mailmagazine.html)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をご利用の皆様へ

博多大丸エアポートショップで「特製羊羹(1本 1260円)」(価格税込みです)が
お買い求めになれます。

販売店は下記を御参照ください

博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
本店・羊羹資料館 佐賀県小城市小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用される場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.muraoka-sohonpo.co.jp)にて解約して
頂きますようお願い致します。