創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより5月号68号

アイキャッチ画像 メールマガジン

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
 2007年5月号 No.68
毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に村岡総本舗の考えを
ご理解していただければ幸いです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。村岡総本舗だより編集長の村岡です。

桜も散り、つつじの季節となりました。花が多様に咲き誇って春らんまんのす
ばらしい風景が見られます。とりわけ九州の小京都小城は蛍を愛護し、百年以
上前から蛍をしっかりと守り育んできました。現在も5月から6月にかけ西日
本一といわれる蛍の乱舞が見られ、佐賀県内外より多くの方々が光による感動
を体験しに訪ずれます。
 明治中頃の選挙干渉事件や豪雨突風による死者続出の暗い小城の町に光をと
もそうと児童と神職の人々が始めたのが蛍愛護運動でした。この伝説と小城の
水質の良さにより数多くの源氏蛍が祇園川を中心に飛び交っています。

今回も「村岡総本舗だより」の読者の特典といたしまして、「村岡総本舗だより」
の一枚目をプリントアウトして直売店にもって来ていただいた方に、100円前後の
商品を1個プレゼントします。「村岡総本舗だよりを持ってきました」と販売員
に渡していただきますよう、お願いいたします。

 期限は発行日~5月31日までです(感謝祭の日は除く)。ささやかなプレ
ゼントですが、ぜひご活用ください。
===================================
目次
・特集「鳳梨萬頭(おんらいまんと)は幸せを呼ぶお菓子」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート4月の当選者発表
===================================
★ 特集「鳳梨萬頭(おんらいまんと)は幸せを呼ぶお菓子」

「鳳梨萬頭(おんらいまんと)」と名前を聞いてもすぐにどういう菓子か思い浮かぶ
方は少ないのではないでしょうか。
「鳳梨(おんらい)」とは中国語で「パイナップル」の意味で、「萬頭(まんと)」
とは「(小麦粉等で)包んだ菓子」のことです。
 中国では、パイナップルは「幸福の象徴」として喜ばれています。一方日本では、
この「鳳梨萬頭(おんらいまんと)」が50年前に全国各地で作られていたようです
が、時代とともに姿を消していきました。
 外側がクッキー生地で中はパイナップルジャムのさわやかな味わいは、これからの
季節に色々な場面でお使いいただけるのではないでしょうか。
 中国の菓子ということで中国茶にも合うでしょうし、日本茶、抹茶とも当然合う
でしょう。また、クッキー生地ですので、牛乳、紅茶にも合うと思います。ご感想を
お聞かせ頂ければ幸いです。
(http://www.so-honpo.com/page-html/company-page/scenery/scenery0705.html)

●鳳梨萬頭
 ・定価84円(通信販売可)・賞味期間25日間
 ・販売期間 5月~10月
ホームページ上では掲載されていませんが、通信販売もできますのでお問い
合わせください)
====================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

 弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が佐賀新聞より発売されております。
長崎街道は菓子の技術が伝わった道として、「シュガーロード」とも呼ばれてい
ます。著者は研究のため、年月をかけて佐賀、日本はもちろん、ポルトガル、ス
ペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数をご
記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊210円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「羊羹は甘いけど、いつも食べるのよりはあっさりとしていて、お抹茶と飲むと
とても合っていておいしかった。」(長崎市・女性)

「羊羹を普段口にする機会がなかったので、あまりわかりませんでしたが、まわりが
固い羊羹を食べたのは初めてでした。おいしかったです。」
(福岡市・女性)

「羊羹資料館であずきに触って、“妖怪小豆あらい”になれました。」
 (北九州市・中村様)
===================================
★今月の菓子

●「牛尾」(うしのお)(季節の棹物)
 梅の名所「牛尾」の紅梅、白梅をさわやかな梅肉入り紅煉(べにねり)の切り
羊羹と口溶けのよい淡雪で表現しました。
・定価1260円 (通信販売可) ・賞味期限 10日間
・販売期間 5月
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2007050101)

●「金襴手」(きんらんで)
 ふっくらとしたブッセ生地に、小倉、マーマレードを上品にはさみました。
金襴手とは金をあしらった磁器のことで、洋の東西を問わず愛好されています。
今月は有田陶器市があるということでご紹介しています。
また、一番人気の「とら焼き宗歓」「パイまんじゅう気球船」との詰め合わせ
(2166円)もおすすめです。
・定価95円(通信販売可)・賞味期限10日間
・販売期間 通年(チーズクリームのみ5,6,7,8月は製造中止)
(ホームページ上では掲載されていませんが、通信販売もできますのでお問い
合わせください)

●「祇園川」
 寒天を使用した透明感あふれる涼やかな和風ゼリーは小城本店前のほたるが
飛び交う清流「祇園川」をイメージしております。蛍が光っている様子を黒豆
と栗で表現した「祇園川・栗黒豆」。また、「祇園川・梅」はお子様はじめ幅
広い年齢の方に人気の商品です。
・定価210円(甘夏・タピオカ)263円(梅・巨峰・枇杷・桃)
   315円(栗黒豆・金魚)
(通信販売可) ・賞味期限 45日間~150日間 ・販売期間 4月~8月 
 12個詰紙箱 3154円(梅4個、枇杷4個、甘夏4個の詰合せ)
 20個詰紙箱 5257円(梅7個、枇杷7個、甘夏6個の詰合せ)
お客様のご要望で詰合せの内容の変更も可能です。詰合せ変更の場合は価格が
変わります。

※ホームページ上には載っていませんが、バラ売りも可能です。メールかフリ
 ーダイヤルにてご注文下さい。
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2007050102)
 
●「岩根つつじ (上生菓子)」
 小豆のつぶあんを緑のきんとんで包み、淡紅色のそぼろを付けて、つつじの
花をあらわしました。小城本店前の須賀神社では、階段の両端のつつじが5月
上旬には満開になりそうです。
・定価210円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 5月

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ http://www.so-honpo.com
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・FM佐賀ラジオ四月六日放送番組『週末はざっくばらん』のゲストとして村岡
 安廣社長が出演、著書『肥前の菓子』、村岡総本舗の歴史、社長の座右の銘など
 について語りました。

・山と渓谷社の『楽歳(ガッサイ)』五号特集「それぞれの聖地」に“羊羹の聖地”
 として小城と村岡総本舗が4頁にわたって掲載されました。

・昭文社五月一日発行の旅ガイドブック『マップルマガジン佐賀』に小城羊羹を
 代表し、村岡総本舗の『特製切り羊羹』と『おぎおんさん』が掲載されました。
===================================
★直営店での催し物の御案内
  
5月12日(土) 福岡店18周年祭(午前10時~午後7時)
5月19日(土) 多久店感謝祭 (午前8時~午後8時)
5月26日(土) 小城本店蛍茶屋(午前8時~午後8時)

・福岡店では、店内1050円以上お買い上げのお客様に小さくても本格的で賞味期間も
 長い「小型小城羊羹(3本)」を無料進呈
・多久店・本店では、本状封筒をお持ちの方に小さくても本格的で賞味期間も長い
 「小型小城羊羹」(3本入り)の無料進呈
・福岡店、多久店ではさっぱりとしたパイナップルジャムをパイ生地で包んだ
「鳳梨萬頭」の御試食と抹茶無料サービス
・本店では、寒天ゼリー「祇園川」と御試食と抹茶の無料サービス
・季節の棹物「牛尾」、季節菓子「祇園川」販売
・特製切り羊羹実演販売(午前10時・午後3時)
・初めての方のための簡単な抹茶のたて方と飲み方の無料講座
 (午前11時・午後2時)
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 心・愛・和」
をお持ちする予定です。

・5月 3日~5月 8日 京阪守口店 (TEL 06-6994-1313)
・5月16日~5月21日 立川伊勢丹 (TEL 045-525-1111)
・5月14日~5月20日 トキハわさだ(TEL 097-586-1111)
・5月16日~5月22日 泉北高島屋 (TEL 072-294-3011)
・5月16日~5月21日 港南台高島屋(TEL 045-833-2211)
・5月23日~5月29日 小田急町田店(TEL 042-727-1111)
・5月23日~5月29日 京都高島屋 (TEL 075-221-8811)
・5月23日~5月29日 伊予鉄高島屋(TEL 089-948-2111)
・5月23日~5月29日 玉川高島屋 (TEL 03-3709-2200)
====================================
★ 「特製切り羊羹」実演販売

外側にシャリ感があり中は柔らかい、生菓子感覚の羊羹である「特製切り羊羹」
の実演販売です。切りたての羊羹は普通の羊羹よりもみずみずしく独特の味わい
です。これは、予約注文の「流し箱羊羹」(3045円)でのみ味わえる感覚ですの
で、ぜひお試しください。

・5月16日~5月22日 熊本鶴屋  (TEL 096-356-2111)
・5月23日~5月28日 くまもと阪神(TEL 096-322-1111)
====================================
★とらやき宗歓アンケート4月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。今回も3月31日までにホームページでお買い
上げになられ、アンケートに答えられた方も対象とさせていただきました。
「とらやき宗歓」(945円相当分)を10名様にプレゼントさせていただきます。
おめでとうございます。

松下勝子様 (大分県) 関元等様  (福岡市)
牧瀬華代様 (小城市) 池間佳子様 (八幡西区)
江口スミ様 (杵島郡) 篠原道子様 (粕屋郡)
江山賢様  (福岡市) 志村のぞみ様(福岡市)
猿渡伊佐子様(横浜市) 井上洋子様 (杵島郡)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも4月は約14500名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=mmag 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をお使いの皆様へ

福岡空港では第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋で「極上羊羹
(1本 2100円)・特製羊羹(1本 1050円)・小型小城羊羹(10本入り1050円)
・第二ターミナルのみ宗歓(1個105円 8個入り945円12個入り1365円)」、
博多大丸エアポートショップで「小型小城羊羹(5個入り525円 10本入り
1050円)・特製羊羹(1本 1050円)」(価格はすべて税込みです)がお買い
求めになれます。

種類は少ないのですが、「極上羊羹」は特に贈り物で喜ばれる商品ですので、
お買い忘れの際などにぜひお買い求めください。

販売店は下記を御参照ください

第二ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_2_2_1.html)

第一ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_1_2.html)

博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

編集・構成:村岡総本舗企画室長  村岡由隆
提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.so-honpo.com
本店・羊羹資料館 佐賀県小城市小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用される場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.so-honpo.com)にて解約して頂
 きますようお願い致します。