創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより1月号64号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
 2007年1月号 No.64
毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に村岡総本舗の考えを
理解していただければ幸いです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
あけましておめでとうございます。
村岡総本舗だより編集長の村岡です。

平成19年丁亥(ひのとい)歳を迎えました。
村岡総本舗三代目村岡安夫は明治44年の亥歳生まれです。好奇心旺盛で、昭和
初年の約八十年前、羊羹の配送にアメリカ製のサイドカーを採用し、昭和27年
にはアメリカ・フォード社製のワゴン車を購入しました。このような先駆けての
車利用の配送は販売拡大に大きな力となりました。また昭和三十年には高級切り
羊羹を開発し、現在の村岡総本舗特製切り羊羹の原型となりました。白小豆を原
料とし本物の竹皮、経木を包材とした特製切り羊羹は、最高級で価格の手頃な、
「小城羊羹」を代表する名品として広く知られるところとなっています。

今回も「村岡総本舗だより」の読者の特典といたしまして、「村岡総本舗だより」
の一枚目をプリントアウトして直売店にもって来ていただいた方に、100円前後の
商品を1個プレゼントします。「村岡総本舗だよりを持ってきました」と販売員
に渡していただきますよう、お願いいたします。

 期限は発行日~31日です(感謝祭の日は除く)。ささやかなプレゼントです
が、ぜひご活用ください。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
===================================
目次
・特集「酒種まんじゅうとあんぱん」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート12月の当選者発表
===================================
★ 特集「酒種まんじゅうとあんぱん」

12月12日の佐賀新聞「トレンドいま昔〈13〉」には多久市の岸川まんじゅう
が紹介されました。その中には森上商店の森上公子さんの話が次のように掲載され
ています。
「使えば計算通りきれいに膨らむが、それだと『岸川まんじゅう』ではなくなる」
この言葉はイースト菌を使わないまんじゅう作りを適確に表したもので、佐賀新聞
社の記者の心をうったと推測されます。このような終始一貫した作る姿勢が最も大
切なことを教えている記事であると改めて感じ入った次第です。
佐賀駅北口店の「あんぱん工房」もイースト菌を使わない「あんパン」を作り続け
ています。未だにこの「おいしさ」をご存じないお客様が多いのですが、この「お
いしさ」を追求することが「あんパン」づくりを続ける意義であると考えています。
イースト菌を使ったほうが「あんパン」は作りやすいのですが、逆に同様の「あん
パン」が多いため競合店が出現した場合、すぐに売れてなくなる可能性が大きいの
です。お客様が「おいしさ」を認識されないうちに「あんパン」の完成度を高め、
しっかりと製造販売のノウハウを蓄積していけば、いつの日かこの「おいしさ」が
広く伝わることを祈念しています。
先に「楽」を求めるよりも、後に「楽」や「光」を求め、先に我慢をすべきと考え
ています。村岡総本舗には「あんパン」以外にも他店より手間暇をかけた仕事があ
りますが、常に「後楽」を求め、地道に取り組むことが何より大切なことと信じて
います。
====================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

 弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が佐賀新聞より発売されております。
長崎街道は菓子の技術が伝わった道として、「シュガーロード」とも呼ばれてい
ます。著者は研究のため、年月をかけて佐賀、日本はもちろん、ポルトガル、ス
ペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数をご
記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊210円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「甘さがとても上品で、飾らない味がとても良かったです。いつまでも変わらない
 味でお願いします。」(神埼市・女性)
「和菓子がとてもおいしくて、お茶と相生がぴったりでした。」
 (福岡市・女性)
===================================
★今月の菓子

● 「市の川」(季節の棹物)
お問い合わせが多い商品です。お正月らしく餅を大納言小豆で包んでおり、
 羊羹とは一味違ったやわらかい食感も好評です。天山の北側に位置する「市の
 川」は小城を京都にたとえるなら丹波にあたるところで、小豆、いんげん豆の
 産地です。
  ・定価1260円 (通信販売不可) ・賞味期限 7日間
・販売期間 1月
 (http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2007010106)

●「黒豆羊羹」「極上黒豆羊羹」(季節の棹物)
 紅煉りの羊羹に最上質の丹波産黒豆をちりばめ、目にも贅沢な羊羹に仕上げ
 ました。お正月のお節の重箱にも華やかなおいしさを添えます。
 一月も後半になりますと、売り切れの可能性もございますのでお早めにお求
 めください。
 「黒豆羊羹」 ・価格 1260円より (通信販売可) ・賞味期間 120日間
     ・販売期間 10月~1月
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2007010101)

 「極上黒豆羊羹」・価格 2625円より(通信販売可) ・賞味期間 90日間 
         ・販売期間 10月~1月
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2007010102)

●「とら焼き宗歓」
  国産の白いんげん豆のやさしい味わいの紅餡と、外側の皮のしっとり感が好
 評の当店の羊羹以外での一番人気商品です。
・定価105円 (通信販売可) ・賞味期限 12日間
・販売期間 通年
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2007010103)

●「ぜんざい缶」
大納言小豆で丁寧に炊き上げた小倉あん。正月の餅とあわせてぜんざい、そ
の他色々のご利用をいただけます。
・定価210円(通信販売可) ・賞味期限 90日間
・販売期間 12月、1月

 ※ホームページには掲載されておりませんがメール等でご注文を受け付けて
  おります。

●「えくぼ」(初笑い)(上生菓子)
薯蕷まんじゅうで中あんは小豆のこしあんを包み、中央に紅を付け、笑った
時のえくぼを表しました。正月には「初笑い」と菓名をつけることもありま
す。
・定価210円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 1月

●おぎおんさん
  桜の花びらの形をしたかわいらしい羊羹です。大変貴重な国産の白小豆や
 大手亡豆を使った本格的な羊羹ですので、ぜひ一度お試しください。
  ・定価 5個入り 473円 10個入り 840円(通信販売可) ・賞味期限 90日間
・販売期間 1月~7月
 (http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2007010104)

●丹波大納言製羊羹 丹波白小豆製羊羹
 伝統を受け継いだ手ごしなどの作業で口溶けの良さを追求した最上級の羊羹で
 す。和三盆糖など贅沢な素材を使用しております。
 ・価格 4515円より (通信販売可) ・賞味期間 60日間
・販売期間 通年
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2007010105)

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。

ホームページ http://www.so-honpo.com
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・佐賀新聞読者向け情報誌『fit+α』十一月十七日号“和菓子特集”に小城羊羹が
 収載され、村岡総本舗は極上黒豆羊羹と『あずきサンド』が掲載されました。
・『まちづくりシンポジウム in 小城が十二月二日(土)、小城市のドゥイング三日
 月で開かれ、村岡社長がパネルディスカッションにパネリストとして参加、提言
 を行い、意見交換、佐賀新聞に報じられていました。
・ビザカード利用者向け情報誌『VISA』一月号特集「佐賀シュガーロード甘い幸せ
 を運ぶ道」に小城羊羹の老舗として村岡総本舗が登場。村岡安廣社長によるシュ
 ガーロードと小城羊羹について解説、永野光教小城工場長の羊羹づくり講義、特
 製切り羊羹や櫻羊羹も掲載されています。

====================================
★直営店での催し物の御案内

● 1月1日(月)  小城本店新春福茶(正午~午後5時)
  1月1日(月)~3日(水) 新春初売り(各直営店にて)
  1月14日(日) 佐賀空港店感謝祭(午前6時~午後7時20分)
  1月20日(土) 多久店感謝祭(午前8時~午後8時)
  1月10日(水)~25日(木) 特製切り羊羹ご試食キャンペーン

・新春初売りでは、1050円以上ご購入のお客様にお年玉金券(300円分)を進呈させ
 ていただきます。
   ・営業時間の御案内
              1月1日   1月2日、3日
    本店     12:00~17:00  8:00~20:00
    佐賀総本店  12:00~17:00  8:00~20:00 
    小城中央店  12:00~17:00  8:00~20:00
    小城駅前店  12:00~17:00  9:00~18:00
    多久店    12:00~17:00  8:00~20:00
    佐賀駅北口店 12:00~17:00  8:00~20:00
    唐人町店   12:00~17:00  8:00~20:00
    佐賀デイトス店    休     8:00~20:00
    佐賀空港店   6:00~19:20  6:00~19:20
    白石店    12:00~17:00  8:00~20:00
    鳥栖店    12:00~17:00  8:00~20:00
    唐津店    12:00~17:00  9:00~19:30
    唐津中央店  12:00~17:00  8:00~20:00
    有田店    12:00~17:00  8:00~20:00
    福岡店    12:00~17:00 10:00~19:00
    博多店       休     9:00~21:00

・本店・多久店では、ご案内封筒をお持ちの方、または受付でご記名の方に、小型
 小城羊羹の進呈
・本店では、新春福茶(抹茶・黒豆羊羹ご試食無料サービス)
・本店では、菱花びら餅販売(限定500個)
・本店では、桜の花びらの形をした「おぎおんさん」等季節限定の菓子をはじめ、試
 食をふんだんにご用意してお待ち致しております。
・多久店では、店内商品1050円以上お買い上げのお客様に金券(300円分)の進呈
・多久店では、季節の棹物「市の川」、生菓子「青えんどう豆大福」販売
・多久店では、小豆の風味豊かな「自家製ぜんざい」の無料サービス
・多久店では、「特製切り羊羹」の実演販売(午前9時)
====================================
★とらやき宗歓アンケート12月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。今回も12月31日までにホームページでお買い
上げになられ、アンケートに答えられた方も対象とさせていただきました。
「とらやき宗歓」(945円相当分)をプレゼントさせていただきます。
おめでとうございます。

梅野扶紗子様(神埼市)  松本真由子様(福岡市)
山崎香代子様(八幡西区) 八尋 章様 (小城市)
重村建児様 (佐世保市) 杠 葉子様 (佐賀郡)
多伊良知津様(神埼市)  内田政弘様 (佐賀市)
石川秀一様様(福岡市)  岩松美佐子様(小城市)
====================================
★ 「特製切り羊羹」実演販売

外側にシャリ感があり中は柔らかい、生菓子感覚の羊羹である「特製切り羊羹」
の実演販売です。切りたての羊羹は普通の羊羹よりもみずみずしく独特の味わい
です。これは、予約注文の「流し箱羊羹」(3045円~5460円)でのみ味わえる
感覚ですので、ぜひお試しください。

・1月10日~16日  小倉井筒屋 (TEL 093-522-2011)
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「栗羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 
心・愛・和」 をお持ちする予定です。

・1月10日~15日   高崎高島屋 (TEL 0273-27-1111)
・1月10日~15日   松戸伊勢丹 (TEL 047-364-1111)
・1月17日~22日   浦和伊勢丹 (TEL 048-834-1111)
・1月17日~23日   柏高島屋  (TEL 0471-44-1111)
・1月17日~23日   鹿児島山形屋(TEL 0992-27-6111)
・1月18日~23日   京急百貨店 (TEL 045-848-1111)
・1月24日~30日   新宿高島屋 (TEL 03-5361-1111)
・1月25日~31日   東急吉祥寺 (TEL 0422-21-5111)
・1月31日~2月5日  立川高島屋 (TEL 042-525-2111)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも12月は約15600名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=mmag 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をお使いの皆様へ

「福岡空港では村岡総本舗の商品は置いてないのですか?」との質問をたま
にいただきます。福岡空港では第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田
屋で「極上羊羹(1本 2100円)・特製羊羹(1本 1050円)・小型小城羊羹
(10本入り1050円)・第二ターミナルのみ宗歓(1個105円 8個入り945円 
12個入り1365円)」、博多大丸エアポートショップで「小型小城羊羹(5個
入り525円 10本入り1050円)・特製羊羹(1本 1050円)」(価格はすべて
税込みです)がお買い求めになれます。種類は少ないのですが、「極上羊羹」
は特に贈り物で喜ばれる商品ですので、お買い忘れの際などにぜひお買い
求めください。

販売店は下記を御参照ください
第二ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_2_2_1.html)
第一ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_1_2.html)
博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

編集・構成:村岡総本舗企画室長  村岡由隆
提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.so-honpo.com
本店・羊羹資料館 佐賀県小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用なさる場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.so-honpo.com)にて解約して頂
 きますようお願い致します。