創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより12月号 63号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
            ◆村岡総本舗だより◆
  2006年 12月号 No.63

毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に和菓子の持つ季節感
やすばらしさを知っていただければ幸いです。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。
「村岡総本舗だより」編集長の村岡です。

 師走12月、いよいよ寒の厳しい季節がやってきました。昨年は思わぬ雪
でとまどいましたが、この寒の強さの恵みは水のおいしさと言われています。
冬となり、水の味わいがすっきりと豊潤なものとなって、さまざまな食品に
おいしさという恵みを与えてくれます。
 名水百選に認定された小城市の清水川は村岡総本舗小城工場前の祇園川の
上流にあたり、この水系の水でつくられた「水ようかん」は冬に最もおいし
いとされてきました。清水川の源である清水観音と大隈重信との関わりから
生れた吟醸酒ゼリー「八太郎」(大隈重信の幼名)も水のおいしさをしっか
りとひきだしています。 

今回も「村岡総本舗だより」の読者の特典といたしまして、「村岡総本舗だよ
り」の一枚目をプリントアウトして直売店に来ていただいた方に、100円前後
の商品を1個プレゼントいたします。「村岡総本舗だよりを持ってきました」
と販売員に渡していただきますよう、お願いいたします。

期限は発行日~12月31日です(感謝祭の日は除く)。ささやかなプレゼント
ですが、ぜひご活用ください。 
===================================
目次
・特集「お歳暮、お年始、お土産に喜ばれております
黒豆羊羹・吟醸酒ゼリー八太郎」
・「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート11月の当選者発表

===================================
★ 特集「お歳暮、お年始、お土産に喜ばれております
黒豆羊羹・吟醸酒ゼリー八太郎」

師走に入り、正月も近づいてまいりました。
この時期に、大変喜ばれている菓子が、「黒豆羊羹」「吟醸酒ゼリー八太郎」
です。

めでたい紅煉(べにねり)の赤い羊羹に、縁起の良い丹波産の黒豆をちりばめた
「黒豆羊羹」は、発売当初は12月のみの限定販売でしたが、御要望が多く、10月
から1月の販売になった人気商品です。黒豆羊羹自体は全国でも製造している
業者は何箇所かあり、「弊店が作る意義があるのか」と当初は不安もありました。
しかし、「羊羹一筋五十年」の永野工場長の改良改善の努力のもと、「弊店の正
月を代表する羊羹」となったのではないかと自負しております。

極上黒豆羊羹は小豆の種類、砂糖が黒豆羊羹よりもさらに上質なものを使用して
おります。また、煉り具合も控えめであっさりとした白小豆、大手亡豆の風味が
より一層楽しめます。
(賞味期間が黒豆羊羹に比べ短いのはねりが控えめなためです。)

また、「吟醸酒ゼリー八太郎」は早稲田大学創設者であり、佐賀が生んだ唯一の
総理大臣である大隈重信侯の幼名の「八太郎」にちなんだ菓子です。大隈侯は、
小城町の清水観音までの道を整備しましたが、そのおかげで清水観音への参拝が
増え、羊羹業や鯉料理屋の発展につながったといわれています。小城町の天山酒
造の吟醸酒を使用し、県外の方へのお土産にも好評です。さっぱりとした味わい
は食事のあとにも相性がよろしいかと思います。

どちらの商品も一月までの販売ですが、一月は商品がなくなり次第終了とさせて
いただいております。お早めにお買い求めください。

※極上黒豆羊羹は小豆の種類、砂糖が黒豆羊羹よりもさらに上質なものを使用し
 ております。また、煉り具合も控えめであっさりとした白小豆、大手亡豆の風
 味がより一層楽しめます。
(賞味期間が黒豆羊羹に比べ短いのはねりが控えめなためです。)

●「黒豆羊羹」(季節の棹物)
・価格 1260円より (通信販売可) ・賞味期間 120日間
 ・販売期間 10月~1月
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2006120102)
 
「極上黒豆羊羹」
・価格 2625円より(通信販売可) ・賞味期間 90日間 
     ・販売期間 10月~1月
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2006120103)

●黒豆羊羹・八太郎詰め合せ
 ・価格 3460円 (通信販売可)
  ・賞味期間 「八太郎」 90日間、「黒豆羊羹」120日間、
        「栗羊羹」 180日間
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2006120106)
====================================
★「肥前の菓子 シュガーロード長崎街道を行く」のご案内

 弊店社長・村岡安廣の著作「肥前の菓子」が3月3日佐賀新聞より発売されまし
た。長崎街道は菓子の技術が伝わった道としても知られ、「シュガーロード」とも
呼ばれています。著者は研究のため、年月をかけて佐賀をはじめとする日本はもち
ろん、ポルトガル、スペイン、韓国、中国、タイなど多くの国々を訪れています。
この本は、その集大成ともいえます。ぜひご一読下さい。

 価格1,000円(税込)

佐賀県内の書店、村岡総本舗直売店で販売しております。
メールでのご注文も受け付けております。お名前、ご住所、お電話番号、冊数をご
記入の上、下記までご連絡下さい。
(送料1冊210円、冊数により違ってきます。)

info@so-honpo.com

===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見が多く、本当に感謝しております。
ご協力ありがとうございました。

「初めて羊羹を買いました。なんか懐かしく子供のころ食べた記憶がうっすら
 しゃりしゃり感がいいですね。」(鳥栖市・女性)
「来店のたび、おいしいお茶をいただき恐縮しますが、ありがたくいただいて
 います。今日もごちそうさまでした。」(宇佐市・井ノ口様)
===================================
★今月の菓子

● 極上羊羹「心・愛・和」
「木箱入りで2625円なので、贈答のときに本当に助かります」という声もあり、
味はもちろんのこと、見た目にも贅沢な羊羹です。賞味期間も長くお歳暮にも
最適です。
・価格1本2100円より(通信販売可) ・賞味期間 120日間
・販売期間 通年
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2006120104)

● 丹波製羊羹
伝統を受け継いだ手ごしなどの作業で口溶けの良さを追求した最上級の羊羹で
す。和三盆糖など贅沢な素材を使用しております。
・価格1本4515円より(通信販売可) ・賞味期間 60日間
・販売期間 通年
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2006120105)

●「そばまんじゅう」(季節の朝生)
 そばの素朴な味わいに小豆餡が入り淡白さが喜ばれています。そばは血圧を
抑える働きもあります。
 ・価格 84円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
  ・販売期間 12月前後

●「雪花(せっか)」(上生菓子)
 薯蕷まんじゅう(=山芋生地のまんじゅう)で中は小豆のこし餡を包み、上
 部に雪花の焼印を押して初雪の明るさを表した菓子です。
・価格 210円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 12月

●小城の朔羊羹
 年に6回限り生産する和三盆糖、備中産赤大豆を使用し最高品質の本練り
羊羹です。十二月一日出荷予定のものが若干ございます。ぜひお問い合わ
 せ下さい。
  ・価格 10500円(通信販売可)・賞味期間は12月は20日間
  ・販売期間4、7、8、12、1、3月の1日のみ
※ただし、十五箱以上のご注文いただければ製造が可能ですので、ご相談
ください。
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2006120107)

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。
ホームページ http://www.so-honpo.com
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・天皇、皇后両陛下が『第二十六回全国豊かな海づくり大会』にご臨席のため
 十月二十八日に来佐、佐賀の銘産として流し箱羊羹『小城櫻』をご賞味にな
 りました。また佐賀県より丹波産大納言羊羹一本詰木箱一箱をお買い上げい
 ただきました。

・NHK衛星第二テレビ番組『響け!みんなの吹奏楽』で、定期演奏会に向けて
 練習に励む佐賀市民吹奏楽団が十月二十九日放送に登場、同楽団のチューバ
 担当である村岡総本舗営業推進課の西山剛介課員が、宣伝販売先等での密着
 取材を受け、業務と演奏活動に頑張る姿が紹介されました
・朝日新聞十月三十一日付佐賀県版“ひと交差点”欄に全国銘産菓子工業協同
 組合理事長として村岡安廣社長が登場しました。
・佐賀県の広報季刊誌『Zanza』秋号に村岡安廣社長の解説にもとづく特集
 “シュガーロードの誘惑”と題して、小城羊羹はじめ佐賀の伝統菓子と文化
 が収載されました。
・日本経済新聞夕刊『ミュージアム巡礼』に村岡総本舗羊羹資料館が紹介され
 ました。
・佐賀新聞十一月十日付地元経済欄に“新製品”コーナーに新商品『あずきサ
 ンド』が掲載されました。

====================================
★直営店での催し物の御案内

12月 1日(金)・2日(土) 佐賀総本店冬の大感謝祭
12月 9日(土)  白石店5周年祭

・小さくても本格的で賞味期間も長い「小型小城羊羹」三本入り進呈
・総本店では、店内商品1,050円以上お買上げのお客様に金券の進呈
・御歳暮で好評の季節限定棹物「黒豆羊羹」のご試食と抹茶の無料サービス
・「特製切り羊羹」の実演販売
   (総本店 午前10時・午後2時)
   (白石店 午前11時・午後2時)
・お子様や初めての方のための、簡単な抹茶のたて方と飲み方の無料講習
   (総本店 午後3時)
   (白石店 午前10時・午後3時)
・総本店では、クリスマス用丸カステラ「慶賀」のご試食と特別販売
====================================
★ 「特製切り羊羹」実演販売

外側にシャリ感があり中は柔らかい、生菓子感覚の羊羹である「特製切り羊羹」
の実演販売です。切りたての羊羹は普通の羊羹よりもみずみずしく独特の味わい
です。これは、予約注文の「流し箱羊羹」(3045円~5460円)でのみ味わえる
感覚ですので、ぜひお試しください。

・12月27日~12月30日 くまもと阪神 (TEL 096-322-1111)
・12月26日~12月31日 熊本鶴屋   (TEL 096-356-2111)
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「栗羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 
心・愛・和」 をお持ちする予定です。

・12月26日~12月31日 阪急梅田 (TEL 06-6361-1381)
====================================
★とらやき宗歓アンケート11月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。今回も11月30日までにホームページでお買い
上げになられ、アンケートに答えられた方も対象とさせていただきました。

山口由美子様(相知町)  陣内潤子様 (佐賀市)
有田剛様  (福岡市)  延川眞優美様(金沢市)
松村佳美様 (粕屋郡)  船津智香子 (佐賀市)
中江礼子様 (北九州市) 黒川郁子様 (西宮市)
横尾充彦様 (鳥栖市)  井ノ口珠美様(宇佐市)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも11月は約14500名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=mmag 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をお使いの皆様へ

「福岡空港では村岡総本舗の商品は置いてないのですか?」との質問をたま
にいただきます。福岡空港では第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田
屋で「極上羊羹(1本 2100円)・特製羊羹(1本 1050円)・小型小城羊羹
(10本入り1050円)・第二ターミナルのみ宗歓(1個105円 8個入り945円 
12個入り1365円)」、博多大丸エアポートショップで「小型小城羊羹(5個
入り525円 10本入り1050円)・特製羊羹(1本 1050円)」(価格はすべて
税込みです)がお買い求めになれます。種類は少ないのですが、「極上羊羹」
は特に贈り物で喜ばれる商品ですので、お買い忘れの際などにぜひお買い
求めください。

販売店は下記を御参照ください

第二ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_2_2_1.html)
第一ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_1_2.html)
博多大丸エアポートショップ
(http://fukuoka.e-machi.ne.jp/109389/)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

編集・構成:村岡総本舗企画室長  村岡由隆
提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.so-honpo.com
本店・羊羹資料館 佐賀県小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用なさる場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.so-honpo.com)にて解約して頂
 きますようお願い致します。