創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより12月号51号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
2005年12月1日 第51号
毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に和菓子の持つ季節感
やすばらしさを知っていただければ幸いです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。
「村岡総本舗だより」編集長の村岡です。

季節の感じ方にはいろいろあると思いますが、黒豆羊羹が売れ始めると本格的に
「今年もあとわずか」だということを私は感じます。弊店ではただいま「お歳暮
のしおり」と「村岡総本舗の小城羊羹と和菓子」という二つのパンフレットを配
布しております。季節限定のものが最近では増えており、「一年間待っていまし
た」とおっしゃられるお客様もいらっしゃり、大変ありがたいことだと思ってお
ります。お手元にお持ちの方はぜひ「季節限定」のものを改めてご覧ください。
季節が今までとは違って感じられると思います。

今回も「村岡総本舗だより」の読者の特典といたしまして、「村岡総本舗だよ
り」の一枚目をプリントアウトして直売店に来ていただいた方に、100円前後
の商品を1個プレゼントいたします。「村岡総本舗だよりを持ってきました」と販
売員に渡していただきますよう、お願いいたします。

期限は発行日~12月31日です(感謝祭の日は除く)。ささやかなプレゼント
ですが、ぜひご活用ください。 
===================================
目次
・特集「黒豆羊羹」
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート11月の当選者発表
===================================
★ 特集「黒豆羊羹」

 黒豆羊羹は、通常は12月のみの限定の羊羹でしたが、10月から1月までの販
売に変わったほどの人気商品です。淡白で上品な紅煉(べにねり)の羊羹に、こく
のある丹波製黒豆の組み合わせは味わいはもちろんのこと見た目にも華やかです。
 黒豆羊羹を作る際には通常の羊羹を作る作業では行なわない作業が入ります。見
た目にもきれいになるように黒豆の皮が割れていないか選別を行う作業と、黒豆が
一箇所にかたまらないように羊羹を振る作業です。
 こういう努力のかいもあってか、今年も大変売れ行きがよいようです。

 黒豆を正月に食べるのは「黒」は日焼けで健康を意味し、「豆」は「まめに働く」
ということで、大変縁起がよいとされています。
 おせち料理やお歳暮、年始のごあいさつなどにお使いいただければ幸いです。

 黒豆羊羹の作業風景は下記のリンクよりご覧いただけます。
(http://www.so-honpo.com/page-html/company-page/scenery/scenery3.html)

 「黒豆羊羹」  ・価格 1260円より (通信販売可) ・賞味期間 120日間
      ・販売期間 10月~1月
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005120103)

 「極上黒豆羊羹」・価格2625円より(通信販売可)・賞味期間 90日間 
         ・販売期間 10月~1月
 (http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005120104)
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見が多く、本当に感謝しております。
ご協力ありがとうございました。

「お抹茶がとてもおいしくいただきました。近くにバス停があり便利なのでまた
来させていただきます。おちつける良いお店でした。」
(福岡市・女性様)(福岡店のお客様)
「宗歓とっても美味しいです。いつもお土産にと頼まれています。お店の雰囲気
が大好きです。」(大分市・神野様)
「ドライブの途中たちよりました。上品なお菓子の品々に疲れがとれたが気がし
ました。又、来ます。」(福岡市・太田様)
===================================
★今月の菓子

● 極上羊羹「心・愛・和」
「木箱入りで2625円なので、贈答のときに本当に助かります」という声もあり、
味はもちろんのこと、見た目にも贅沢な羊羹です。賞味期間も長くお歳暮にも
最適です。
・価格1本2100円より(通信販売可) ・賞味期間 120日間
・販売期間 通年
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005120101)

● 丹波製羊羹
伝統を受け継いだ手ごしなどの作業で口溶けの良さを追求した最上級の羊羹で
す。和三盆糖など贅沢な素材を使用しております。『クロワッサン』11月号
に紹介していただきました。
・価格1本4515円より(通信販売可) ・賞味期間 60日間
・販売期間 通年
 (http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005120102)

●「そばまんじゅう」(季節の朝生)
 そばの素朴な味わいに小豆餡が入り淡白さが喜ばれています。そばは血圧を
抑える働きもあります。
 ・価格 84円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
  ・販売期間 12月前後

●「雪花(せっか)」(上生菓子)
 薯蕷まんじゅう(=山芋生地のまんじゅう)で中は小豆のこし餡を包み、上
 部に雪花の焼印を押して初雪の明るさを表した菓子です。
・価格 210円 (通信販売不可) ・賞味期限 当日限り
・販売期間 12月

●おすすめの詰め合せ
「お歳暮や新春のご挨拶の際の贈り物として最適なものを」という考えで、
「おすすめの詰め合わせ」を考えさせていただきました。「いただき物が多く、
 賞味期限が短い商品は困る。」という方のためにも賞味期間の長い商品を選んで
 おります。「黒豆羊羹」、「吟醸酒ゼリー八太郎」、「栗羊羹」とバラエティー
に富んでおり、どなた様にも満足していただけるものと思います。
5460円の詰め合せには「黒豆羊羹」よりも材料がさらに上質の「極上黒豆羊羹」
 をご用意しております。
「八太郎」は大隈重信侯の幼名で、口当たりのよさと、佐賀が誇る銘酒「天山」
 と「窓乃梅」を使用していることで、だんだんと人気が出ている菓子です。
 この詰め合わせは1月までの限定販売ですので、お買い逃がしのないよう早めの
ご購入をお勧めしております。
  ・価格 3150円、5460円 (通信販売可)
  ・賞味期間 「八太郎」「極上黒豆羊羹」90日間、「黒豆羊羹」120日間、
   「栗羊羹」 180日間
 (http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005120105)

●小城の朔羊羹
 年に6回限り生産する和三盆糖、備中産赤大豆を使用し最高品質の本練り羊羹
 です。十二月一日出荷予定のものが若干ございます。ぜひお問い合わせ下さい。
  ・価格 10500円(通信販売可)・賞味期間は12月は20日間
  ・販売期間4、7、8、12、1、3月の1日のみ
※ただし、十五箱以上のご注文いただければ製造が可能ですので、ご相談くだ
さい。
 (http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005120106)

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。
ホームページ http://www.so-honpo.com
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・クロワッサン増刊『カカポ』創刊号(十二月一日号)“九州大好きシュガー
 ロード紀行”の頁に村岡総本舗の櫻羊羹と永野光教小城工場長が紹介されて
 います。
・マガジンハウス社十一月二十五日発売の生活情報誌『クロワッサン』特大号
 『全国版美味しい・体にやさしい・ほんものの味をお取り寄せ』特集に、丹
 波白小豆製羊羹・丹波大納言製羊羹二本詰木箱が掲載されました。
・唐津新聞十月二十六日付『スマイルSMILE』欄に村岡総本舗唐津店の
 坂本美華副店長が掲載されました。
====================================
★直営店での催し物の御案内

● 12月 2日(金)・3日(土) 佐賀総本店冬の大感謝祭

・ ご案内封筒をお持ちの方、または受付でご記名の方に、記念品の進呈
・ 1050円以上お買い上げの方へ、金券の進呈
・ 季節の棹物「黒豆羊羹」のご試食と抹茶の無料サービス
・ 特製切り羊羹実演販売(午前十時・午後二時) 
・ お子様や初めての方のための簡単な抹茶のたて方、飲み方講座(午後三時)
・ クリスマス用丸カステラ「慶賀」のご試食と特別販売
====================================
★ 「特製切り羊羹」実演販売

外側がシャリシャリしていて中は柔らかい、生菓子感覚の羊羹である「特製切り
羊羹」の実演販売です。切りたての羊羹は普通の羊羹よりもみずみずしく独特の
味わいです。これは、予約注文の「流し箱羊羹」(3045円)でのみ味わえる感覚
ですので、ぜひお試しください。

・12月26日~30日  くまもと阪神(TEL 096-322-1111)
・12月28日~30日  西鉄タミー (TEL 0942-34-3421)
====================================
★とらやき宗歓アンケート11月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。今回も11月30日までにホームページでお買い
上げになられ、アンケートに答えられた方も対象とさせていただきました。
「とらやき宗歓」(945円相当分)を10名様にプレゼントさせていただきます。
おめでとうございます。

鹿子島節様 (久留米市) 中島有芽美様(小城市)
納富香様  (神埼郡)  森愛友美様 (八代郡)
天本ゆかり様(鳥栖市)  江島直子様 (小城市)
長久智子様 (福岡市)  三輪幸紀様 (福岡市)
神野ゆう子様(大分市)  太田ひろ子様(福岡市)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも11月は約16000名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=mmag 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をお使いの皆様へ

「福岡空港では村岡総本舗の商品は置いてないのですか?」との質問をたま
にいただきます。福岡空港では第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋
で「極上羊羹(1本2100円)・特製羊羹(1本 1050円)・小型小城羊羹
(10本入り1050円)(価格はすべて税込みです)がお買い求めになれます。
種類は少ないのですが、「極上羊羹」は特に贈り物で喜ばれる商品ですので、
お買い忘れの際などにぜひお買い求めください。

販売店は下記を御参照ください
第二ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_2_2_1.html)
第一ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_1_2.html)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

編集・構成:村岡総本舗企画室長  村岡由隆
提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.so-honpo.com
本店・羊羹資料館 佐賀県小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用なさる場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.so-honpo.com)にて解約して頂
 きますようお願い致します。