創業明治32年 (1899年) 小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより7月号46号

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆
2005年7月号 No.46
毎月一回発行の和菓子の情報誌です。一人でも多くの方に和菓子の持つ季節感
やすばらしさを知っていただければ幸いです。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こんにちは。村岡総本舗だより編集長の村岡です。
この原稿を書いている6月25日の佐賀県地方は久しぶりの雨となりました。
普段は雨は嫌いなほうですが、水不足が心配されていただけに本当によかったと
思います。昨年は台風で悩まされましたが、適度に雨が降って農作物が育ち、普
通に生活ができるということは本当にありがたいことだと思います。

今回も「村岡総本舗だより」の読者の特典といたしまして、「村岡総本舗だより」
の一枚目をプリントアウトして直売店にもって来ていただいた方に、100円前後の
商品を1個プレゼントします。「村岡総本舗だよりを持ってきました」と販売員
に渡していただきますよう、お願いいたします。

 期限は7月1日~7月31日までです(感謝祭の日は除く)。ささやかなプレ
ゼントですが、ぜひご活用ください。
===================================
目次
・特集
・「お客様の広場」
・今月の菓子
・最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等
・直営店での催し物の御案内
・各地催し物の御案内
・「とらやき宗歓」アンケート6月の当選者発表
===================================
★ 特集 「夏の村岡総本舗の菓子」

菓子の旬は冬だとよく言われますが、夏のほうがおいしい商品もあり、お得意さ
までも見逃されていることがよくあります。たとえば、「鳳梨萬頭」(おんらい
まんと)という菓子は、パイナップルのジャムをクッキー生地で包んださっぱり
とした味わいで、一度食べられた方には好評ですが、5月から10月までの限定販
売のため、御存じない方も多いようです。「鳳梨」(おんらい)とはパイナップ
ルのことで、台湾では幸福の象徴とされている縁起の良い菓子でもあります。

夏の菓子の中でも特におすすめなのは、寒天を使った和風ゼリーの「祇園川」で
す。「祇園川」は発売より17年がたちますが、4月から8月までの限定商品ですの
で、ご存じない方も多く残念に思っております。

大変手間のかかる商品で、枇杷や桃はちょうど良い大きさになるように
入荷した果物を一つ一つ職人の手で、切ります。
また、「金魚羹」は羊羹で金魚の形に見立てた黒と赤の二匹の夫婦の金魚が、
水面に映った月(栗)を囲んで泳いでいる様子をあらわしていますが、
寒天が固まる前の不安定な状態で金魚の向きをそろえるのは、大変神経を使う
作業です。

3年前に「タピオカ羹」ができた際には私も試食をしたのですが、
最初は入っていなかったココナッツミルクを入れたり、甘さの調整のため、
何度も試作を行なったりと夏の発売までに間に合うかどうか心配していたことも
良い思い出です。

ほたるで有名な小城の本店近くを流れる「祇園川」を思わせる涼やかな印象は
贈り物をいただかれる先様にも喜んでいただけるものと思います。

販売期間が終わる前にぜひ一度お試しください。

●「鳳梨萬頭(おんらいまんと)」
・定価84円(通信販売可)・賞味期間25日間
ホームページ上では掲載されていませんが、通信販売もできますのでお問い
合わせください)
●「祇園川」
・定価210円(甘夏・本煉・タピオカ)263円(梅・巨峰・枇杷・桃)
   315円(栗黒豆・金魚)
(通信販売可) ・賞味期限 150日間 ・販売期間 4月~8月 
 12個詰紙箱3205円、20個詰紙箱5359円
※ホームページ上には載っていませんが、バラ売りも可能です。メールかフリ
 ーダイヤルにてご注文下さい。
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005070103)
===================================
★「お客様の広場」

 今回もホームページ上よりお買い上げいただいたお客様と、店頭でアンケート
に答えていただいたお客様のご意見を掲載いたします。     
                  
ありがたいご意見を数多くいただき、本当に感謝いたしております。
ご協力ありがとうございました。

「いつもおいしいお菓子をありがとうございます。貴店の商品はなじみのものから
季節のものまで、いつも変わらぬ味で楽しませて頂いております。これからも変わ
らぬ味で私達を楽しませて下さい。」(福岡市・女性)
「佐賀県の人達は羊羹の消費量が一番だとテレビで見ました。又、小城が羊羹の生
産地である事も知り、貴店が昔からの羊羹作りの伝統を受け継いでいる事頑張って
下さい。」(神奈川県・男性)
「今回はテレビで紹介されていた小城羊羹を購入しました。甘さといい食べたあと
の食感がほんのりとして初めての経験。飽きのこない味、はまりそうです。」
(神奈川県・野村様)
「昭和30年代博多に在勤していた頃を想いだし九州物産展で丸ぼうろと羊羹を数十
年振りに味わい若返りました。共に私の30代の心に残るお菓子でした。」
(神奈川県・寺田様)
「何年か前にサライに載った記事を母が大切にとっていて、今年の母の日にそれを
買ってほしいと頼まれ、まずホームページであるか探してみました。ホームページ
を見つけてさっそく注文しました。母の念願の桐の箱入り羊羹とおすすめのとらや
きを買いました。とらやきはピンクの餡がめずらしく、甘すぎずおいしかったです。
羊羹も毎日少しずつ食べていた様で日にちがたってとてもおいしく満足していた様
でした。」(静岡県・女性)
===================================
★今月の菓子

●「朝霧」(あさぎり)(季節の棹物) 
 普通の水ようかんとは一味違う煉りが控えめで葛を使用した水ようかんです。
独特のやわらかさと、とろけ具合をご堪能ください。
賞味期間が短いですので、普通の水羊羹と使い分けていただければと思います。
※ 賞味期限が短いですので、通信販売は行わず、今回は紹介のみとさせていただ
  きます。
  ・定価1260円 (通信販売不可)
・賞味期限 5日間
・販売期間 7月

●「茶神物語・夏」
 寒天を使用した透明感あふれる涼やかな和風ゼリーは小城本店前のほたるが飛び
交う清流「祇園川」をイメージしております。素材を生かしたほど良い甘さと美し
さは、贈答先にも好評で18年を迎える夏のロングセラー商品です。
「茶神物語」(脊振の翁物語)とは「雨月物語」で知られる上田秋成が著わした佐
賀県脊振山を舞台とした幻想的なお話です。
3257円では従来品より水ようかんを1個増量した12個詰、5305円では2個増量した
20個詰のサービスを行っています。そのかわり水ようかんを全部小倉にするなどの
詰め替えのサービスはお受けできませんのであらかじめご了承下さい。
・定価 3257円、5305円(通信販売可)
・賞味期限「祇園川」は150日間、水ようかんは90日間
・販売期間 5月~8月
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005070101)
※ 水ようかんのみの販売はこちらからどうぞ
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005070102)
※祇園川のみの販売はこちらからどうぞ
(http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=2005070103)

●「水まんじゅう」(季節の朝生)
 ひんやりとしてとろっととろけるこの時期にぴったりのお菓子です.
冷やしてお召し上がりください.
・定価315円 (六個入り)(通信販売不可)
・賞味期限 3日間
・販売期間 5~8月

●「朝の露」(上生菓子)
 紅色にぼかした練切で白餡を包み朝顔の形にして露に見立てた寒天をつけ夏の
朝のすがすがしさを表現しました。
・定価210円 (通信販売不可)
・賞味期限 当日限り
・販売期間 7月

 商品のご注文、お問い合わせは下記の方までお願いいたします。
 また、これらの商品がない店舗も一部ございますのでご了承ください。
ホームページ http://www.so-honpo.com
mail info@so-honpo.com
フリーダイアル 0120-35-8057(午前8時~午後8時)
FAX  0952-32-1297
====================================
★ 最近取り上げていただいたテレビ、雑誌等

・月間はかた編集室より『九州の逸品・100選』本が、このほど発行され、
 九州の食品を収載したもので、小城羊羹として村岡総本舗の特製切り羊羹
 も紹介されています。
・村岡安廣社長が会長を務める小城郵趣の会は六月十日、明治時代の珍しい
 消印付郵便物や切手など十六点を小城市に寄贈、その模様が同日夕、NH
 K佐賀テレビとSTSサガテレビのニュースで報道されました。
・交通新聞社発行の旅情月刊誌『旅の手帖』七月号“今月のひとり旅”に佐
 賀県佐賀市・小城市が取り上げられ村岡総本舗「小城羊羹の知名度を高め
 た名店」と紹介されました。
===================================
★直営店での催し物の御案内
 
7月 2日(土)、 3日(日) 有田店八周年祭
  7月 8日(金)、 9日(土) 佐賀総本店夏の感謝祭 
  7月16日(土)、17日(日) 小城中央店三十八周年祭
  7月23日(土)、      白石店感謝祭

・ご案内封筒をお持ちの方、または受付でご記名の方に記念品の進呈 
・自家製あんを使った「氷あずき」の無料サービス
・季節の棹物「朝霧」、生菓子「葛まんじゅう」等販売
・普段は味わえない切り立てのやわらかい羊羹が楽しめる「特製切り羊羹」の
 実演販売(午前10時・午後3時)
・店内商品1050円以上お買い上げのお客様に金券の進呈
・発売十七年を迎える夏の人気商品琥珀羹「祇園川」の特別無料ご試食
====================================
★ 各地催し物の御案内

「特製切り羊羹」、「とら焼き宗歓」、「丸ぼうろ」、「極上羊羹 心・愛・和」
をお持ちする予定です。

・7月 6日~7月12日 新宿伊勢丹
====================================
★ 「特製切り羊羹」実演販売

外側にシャリ感があり中は柔らかい、生菓子感覚の羊羹である「特製切り羊羹」
の実演販売です。切りたての羊羹は普通の羊羹よりもみずみずしく独特の味わい
です。これは、予約注文の「流し箱羊羹」(3045円)でのみ味わえる感覚ですの
で、ぜひお試しください。

・7月 1日       長崎浜屋
・7月 1日~7月3日  久留米井筒屋 
・7月13日、16日   西鉄タミー
・7月14日~7月20日 佐世保玉屋
====================================
★とらやき宗歓アンケート6月の当選者

直営店や東京、大阪での催し物でお買い上げいただいたお客様に差し上げている
アンケートはがきの当選結果です。今回も5月31日までにホームページでお買い
上げになられ、アンケートに答えられた方も対象とさせていただきました。
「とらやき宗歓」(945円相当分)を10名様にプレゼントさせていただきます。
おめでとうございます。

樋口博之様 (鹿児島県)寺崎純子様 (福岡県)
守屋美津子様(東京都) 鳥巣紀美子様(東京都
西由美子様 (小城市) 佐々木郁恵様(福岡市) 
亀谷悦生様 (神奈川県)野村友梨様 (神奈川県)
寺田東右様 (神奈川県)今村まゆみ様(静岡県)  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★ お願い

おかげさまで「村岡総本舗便り」は登録者数が約2000名となりました。
また、店舗でお渡ししている「ダイジェスト版」のほうも6月は約14400名の方に
お渡しができ、本当にありがたく存じます。一人でも多くの方に和菓子のすばら
しさを知っていただければと思っておりますので、和菓子にご興味がある方には
ぜひ下記のアドレスをお知らせください。

すぐにご登録いただけます。
 http://www.so-honpo.com/page-html/osusume.php3?no=mmag 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をご利用の皆様へ

「福岡空港では村岡総本舗の商品は置いてないのですか?」との質問がたま
にございます。福岡空港では第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋
で「極上羊羹(1本2100円)・特製羊羹(1本 1050円)・小型小城羊羹
(10本入り1050円)(価格はすべて税込みです)がお買い求めになれます。
種類は少ないのですが、「極上羊羹」は特に贈り物で喜ばれる商品ですので、
お買い忘れの際などにぜひお買い求めください。

販売店は下記を御参照ください
第二ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_2_2_1.html)
第一ターミナル
(http://www.fuk-ab.co.jp/CC/iwataya_b_1_2.html)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

編集・構成:村岡総本舗企画室長  村岡由隆
提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.so-honpo.com
本店・羊羹資料館 佐賀県小城市小城町861 
     TEL 0952-72-2131(代)
佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木
     TEL 0952-31-2131(代)
     0120-35-8057
     FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・などのお問い合わせ先
     info@so-honpo.com
※当メールマガジンに掲載された記事を使用される場合は、メールにて一言お
 申し付けください。
※本誌のご解約は、「メールマガジン不要」と書いてinfo@so-honpo.comまで
 お送り頂くか、ホームページ(http://www.so-honpo.com)にて解約して頂
 きますようお願い致します。