創立明治32年 百十余年の歴史を誇る小城羊羹初祖 村岡総本舗

村岡総本舗だより5月号No200

アイキャッチ画像 メールマガジン

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより(パソコンEメール版)◆
        2018年5月号 No.200
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
新伝統菓子のおいしさ講座(Ⅰ)
丸ぼうろとバターぼうろ

3月17日より佐賀市を中心として肥前さが幕末維新博覧会が始まりました。
明治維新150年を機に近代日本の礎を築いた薩長土肥の「肥前さが」にスポットが当てられています。
 幕末維新に活躍し、早稲田大学を設立、二度の首相を務めた大隈重信は近代における菓子の役割を重要
と考え、佐賀県伊万里出身の森永製菓の創業者森永太一郎と交流し、佐賀を中心として伝わっていた丸ぼ
うろに着目し東京に店舗を招いたほどに文明開化における夢を描いていたといわれています。佐嘉ぼうろ
(さがぼうろ)とひと頃言われる程に丸ぼうろは佐賀の伝統菓子として今に受けつがれています。

  第二次世界大戦後、伝統菓子にも機械化の時代が訪ずれました。
 機械製のしっかり焼き上げた「ぼうろ」に対して、伝統製法の丸ぼうろは若干ふわふわとしていて、クレ
ームが寄せられることもありました。同様にポルトガル渡りのカステラの「やわらかい触感」や「しとり
感」をもつ伝統製法の丸ぼうろはそのおいしさに理解が進まずいささか困難な状況でありました。
昭和30年代にはこの伝統製法と機械製のふた通りの丸ぼうろがそれぞれ佐賀市内を中心に存在し、そ
の状況は今も続いています。

 ちょうど小城羊羹の伝統製法とアルミケース包装の現代製法が共存しているように、砂糖菓子が多く存
在するシュガーロードといわれるこの地域には、丸ぼうろも同様にポルトガル渡りの伝統製法と機械製の
現代製法が並行して製造されているのです。
この地域が江戸時代から多様な食文化に恵まれ、ことに砂糖菓子、甘味菓子の伝統が根づき、多くの人々
がこのような「食べ分け」ができることがこの由来であろうと推察されています。

村岡総本舗の新商品バターぼうろは生地をのばし口金といわれる型で1個ずつ抜いて鉄板に置き数分 
 間で焼き上げる丸ぼうろの伝統製法を受けついだ新しいぼうろです。豊醇なバターと卵のあじわいが
 小麦の独特な粘りと相まって丸ぼうろとは若干異なる南蛮菓子としてのおいしさを表現しています。
  丸ぼうろ、バターぼうろそれぞれのおいしさをお楽しみ下さい。

      〇バターぼうろ      1個 87円
      〇丸ぼうろ        1個 87円

====================================
★直営店での催し物の御案内
●5月12日(土) 福岡店感謝祭   (午前10時~午後7時)
 ・自家製あんを使った「氷あずき」の無料サービス
   ・伝統製法の特製切り羊羹実演販売(午前11時・午後3時)
   ・1300円以上お買い上げのお客様に人気の小型小城羊羹(2本入り)の進呈
・創業1720年代の對山窯の有田焼コーヒーカップやマグネット、スマホスタンド
が当たるくじを実施(はずれた方には菓子の進呈)

●5月20日(日) 小城本店蛍茶屋  (午前8時~午後8時)
●5月26日(土) 多久店感謝祭   (午前8時~午後8時)
 ・自家製あんを使った「氷あずき」の無料サービス
   ・伝統製法の特製切り羊羹実演販売(午前10時・午後3時)
   ・1300円以上お買い上げのお客様に人気の小型小城羊羹(2本入り)の進呈
・創業1720年代の對山窯の有田焼コーヒーカップやマグネット、スマホスタンド
が当たるくじを実施(はずれた方には菓子の進呈)

====================================
★大分、埼玉、東京、京都に弊店社員が参ります。

伝統製法の羊羹「小城羊羹・特製切り羊羹」をはじめ、「とら焼宗歓」「丸ぼうろ」を
お持ちする予定です。
百貨店での催し物の良い所は、弊店社員とお客様が対話を行いながら商品を選べる所
だと思います。
伝統製法の羊羹をはじめとする村岡総本舗の羊羹・和菓子をご覧頂き、購入頂ければ
幸いです。

  4月26日~5月 8日  大分トキハ  (TEL 097-538-3111)
5月 2日~5月 8日  川越丸広   (TEL 049-224-1111)
5月 9日~5月15日  玉川高島屋  (TEL 03-3709-3111)
  5月 9日~5月17日  京都高島屋  (TEL 075-221-8811)
===================================
★フェイスブックのご案内

季節限定の商品や、各地催し物のご案内を写真付きでご紹介しております。
「Google」にて「村岡総本舗 Facebook」で検索、又は下記をクリックの上、
ご覧頂ければ幸いです。
菓子情報のご紹介: https://www.facebook.com/muraokasouhonpo
福岡店の情報と村岡総本舗の歴史のご紹介:
https://www.facebook.com/村岡総本舗福岡店-240560095970657/timeline/
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★お知らせ 

  店頭配布版の「村岡総本舗だより」がPDFでご覧いただけるようになりました。
  写真も入っておりますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。
   http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/dayori.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡空港をご利用の皆様へ
第一ターミナル、第二ターミナル2階の岩田屋で「小城羊羹(2本入1620円・
3本入2376円)・小型小城羊羹(5本入694円・8本入1084円・12本入1668円)」
(税込み価格)がお買い求めになれます。
販売店は下記を御参照ください

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★全国各地のお求め先はこちら
  店舗案内 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp/shop/index.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆村岡総本舗だより◆

提供・発行:(株)村岡総本舗 http://www.muraoka-sohonpo.co.jp
  
本店・羊羹資料館 佐賀県小城市小城町861
  TEL 0952-72-2131(代)
   佐賀総本店     佐賀市高木瀬町東高木  
  TEL 0952-31-2131(代)
0120-35-8057
      FAX 0952-32-1297

※本誌に関する御意見・御感想・お問い合わせなど
         info@muraoka-sohonpo.co.jp